ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 保健衛生課 > 鳥インフルエンザ関連情報

関連分野

更新日付:2022年3月1日 保健衛生課

鳥インフルエンザ関連情報

  • 鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルス
    (国立感染症研究所)

※下記の項目をクリックすれば、情報がご覧になれます。
鳥インフルエンザtop 鳥などでの発生状況 ヒトでの発生状況 リンク

鳥インフルエンザについて

鳥類のインフルエンザは、「鳥インフルエンザ」と呼ばれる、ヒトのインフルエンザウイルスとは別のA型インフルエンザウイルスの感染症です。
このうち感染した鳥が死亡したり、全身症状を発症したりと、鳥に対して特に強い病原性を示すものを「高病原性鳥インフルエンザ」と呼びます。

最近になり、まれにですが、ヒトも鳥インフルエンザウイルスに感染することが報告されました。しかし、鳥類において高病原性であっても、ヒトでは必ずしも重症になるとは限らず、幅広い症状が見られています。

発生地域へ渡航される方は一般的なインフルエンザの予防に心がけるとともに、生きた鳥等を販売している市場等には立ち入らないようにして下さい。
また、人への感染が確認されていない国においても、感染した鳥との密接な接触等により、人への感染の可能性は否定できませんので同様な注意が必要です。

もし、一般的なインフルエンザの症状があり、しかも鳥インフルエンザが疑われる(あるいは確実な)鳥と接触していた場合は、速やかに医療機関へご相談ください。

なお、「高病原性鳥インフルエンザ」という呼称についてですが、これはトリに対して特に病原性が高いインフルエンザの呼び方であり、ヒトに対する病原性から決められた呼び方ではありません。

患者等の把握と届出基準の周知

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療の関する届出に基づき、医師に届出をお願いしています。
・鳥インフルエンザ(H5N1):2類感染症
・鳥インフルエンザ(H7N9):2類感染症
・鳥インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1及びH7N9)を除く):4類感染症

詳細については、厚生労働省ホームページ「感染症法に基づく医師の届出のお願い」をご覧ください。

ヒトの健康に関する相談窓口

鳥インフルエンザに関する相談は、県内各保健所で受付しております。
鳥インフルエンザについて、不安を感じている方は、各保健所にご相談ください。
東地方保健所
017-739-5421
弘前保健所
0172-33-8521
三戸地方保健所
0178-27-5111
五所川原保健所
0173-34-2108
上十三保健所
0176-23-4261
むつ保健所
0175-31-1388
青森市保健所
017-765-5282
八戸市保健所
0178-38-0716

野鳥の異常死に関する相談窓口

野鳥の異常死に関する相談は、最寄りの地域県民局地域農林水産部林業振興課または青森県環境生活部自然保護課で受付しております。
東青地域県民局
地域農林水産部
林業振興課
017-734-9963
中南地域県民局
地域農林水産部
林業振興課
0172-33-1131内267
三八地域県民局
地域農林水産部
林業振興課
0178-27-5111内341
西北地域県民局
地域農林水産部
林業振興課
0173-72-6613
上北地域県民局
地域農林水産部
林業振興課
0176-22-8111内281
下北地域県民局
地域農林水産部
林業振興課
0175-22-8581内249
県環境生活部
自然保護課
017-734-9257

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

保健衛生課 感染症対策グループ
電話:017-734-9141  FAX:017-734-8047

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter