ホーム > 保健・医療・福祉 > 介護・高齢福祉 > むつ保健所医療介護連携調整実証事業

更新日付:2019年2月8日 下北地域県民局地域健康福祉部保健総室(むつ保健所)

むつ保健所医療介護連携調整実証事業

 下北地域では、患者が安心して円滑に生活の場に移行できるようにすることを目的に、平成14年度から橋渡し窓口が機能し、関係機関との連絡調整を図っています。医療資源の少ないむつ・下北地域では、顔と顔の見える関係づくりを大事にし、橋渡し窓口の内容の充実と橋渡し看護と介護の質の向上に努め、現在も継続しています。

 そこで、むつ保健所では、医療介護連携調整実証事業として、ケアマネージャーへアンケート調査を実施したところ、下北地域では入退院時情報提供の実施の割合が高く、医療と介護の連携がよく図られている状況にあることがわかりました。本報告書は、アンケート調査の結果や現在行われている入退院調整の流れ等について整理したものであり、今後、更に医療と介護の連携が深まり、継続していくために、関係者間(ケアマネージャー、病院担当者等)の業務の参考としていただきたいと考えています。

 また、新たに「平成30年度 ケアマネージャーを対象とした入退院調整の現状に関するモニタリング調査結果」をまとめました。
1. 下北圏域の入退院調整に関する報告書~医療介護の連携実証事業の実施結果から~

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

下北地域県民局地域健康福祉部 保健総室 健康増進課
電話:0175-31-1388  FAX:0175-31-1667

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度