ホーム > 組織でさがす > 商工労働部 > 新産業創造課 > 令和3年度新ビジネス創発ラボの参加者を募集します

更新日付:2021年10月8日 新産業創造課

令和3年度新ビジネス創発ラボの参加者を募集します

 青森県(イノベーション・ネットワークあおもり)では、 国内外の情報・ネットワークを有する日経BPの総合研究所と連携し、新しいビジネスの具現化を目指す「新ビジネス創発ラボ」を11月から開催します。
 ラボでは、「開発の鉄人®」多喜義彦氏による講演を行った後、10のテーマ別にグループワークを行い、検討したプロジェクトについて成果を報告します。
 各テーマに興味・関心のある企業・機関の皆様はぜひお申込みください。 ※申込締切:令和3年11月5日(金)

新ビジネス創発ラボの概要

新ビジネス創発ラボとは・・・

 県内企業及びイノベーション・ネットワークあおもりの各機関がチームを組み、具現化可能なプロジェクトを立案する検討会です。
 設定したテーマに基づき形成したチームが、具現化するプロジェクトの立案を行うために必要な検討会を4回行い、検討したプロジェクトの内容を成果報告会の場で発表します。

1テーマ(チーム):5人程度 1回あたりの検討時間:約4時間

 各プロジェクトについて、具現化支援へと移行するもの、次年度以降も引き続き検討するものを決定します。(次年度以降の対応は予定)

新ビジネス創発ラボのテーマについて

新ビジネス創発ラボでは、以下の10テーマについて検討します。

1    青森県の食材や健康関連素材を用いた商品開発およびブランド化の検討
2    青森の廃棄物を再利用した商品開発
3    風力発電のブレードなど炭素繊維リサイクルの仕組みを構築する
4    青森県の工場連携による二酸化炭素排出量の回収と再利用
5    自社のピカイチ技術を持ち寄ってこれまでにないコラボ商品・サービスを開発する
6    衛星データ活用による産業活性化の研究・開発
7    地域防災を兼ねたエネルギーエコシステム構想
8    シンプルなユニットハウスを用いた用途開拓とコラボ商品展開
9    青森県の一次産業DX
10  業務用冷蔵庫のシェアサービス

各テーマの詳細は、以下の日経BPの特設サイトをご確認ください。
https://project.nikkeibp.co.jp/bpi/brand/real/bizlabo/emergence_aomori_info/100500001/

開催概要

【会場】
 青森県観光物産館アスパム会議室 (青森市安方一丁目1-40)

【開催形式】
 感染防止対策を講じたうえ対面により実施

【スケジュール】各回午後開催予定
 第1回  11月24日(水)  13:30~17:00  (オリエンテーション、講演、グループワーク)
 第2回  11月25日(木)  13:30~17:00  (講演、グループワーク&情報共有)
 第3回    1月13日(木)  13:30~17:00  (グループワーク、中間発表)
 第4回    2月  2日(水)  13:30~17:00  (講演、グループワーク&情報共有)
 成果報告会  2月22日(火) 14:30~17:00

参加要件

【応募資格】
・第1回~第4回及び成果報告会の全日に参加できること
・青森県内外、企業・団体・個人(事業者)を問わず、応募可能
・応募者多数の場合は、青森県の企業・団体を優先的に選定

【参加費】
・無料。※会場までの交通費は各自負担
・ラボでの検討の過程で必要となった試作品や試作サービス開発のための費用は自己負担

申込方法 ※申込締切:令和3年11月5日(金)

「参加申込書」に必要事項を記載のうえ、以下提出先に記載されているメールアドレスに電子データを送付してください。
※申込状況によっては締切前に募集を終了する可能性があります。

募集チラシPDFファイル[1203KB]

参加申込書ワードファイル[26KB]

全体スケジュール(予定)PDFファイル[90KB]

提出先・問合せ先

イノベーション・ネットワークあおもり事務局(青森県商工労働部新産業創造課)
TEL:017-734-9379/FAX:017-734-8115
E-mail:sozoka@pref.aomori.lg.jp

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

新産業創造課 ものづくり技術振興グループ
電話:017-734-9379  FAX:017-734-8115

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter