ホーム > 組織でさがす > 商工労働部 > 地域産業課 > 「コロナショックと事業継続のための戦略」のご紹介(令和3年3月発行)

更新日付:2021年7月13日 地域産業課

「コロナショックと事業継続のための戦略」のご紹介(令和3年3月発行)

  新型コロナウイルスの影響で世界中が大混乱に陥り、グローバル経済に急ブレーキがかかる中、国内でも感染症の拡大や長期化に伴い経済や社会に深刻な影響を与えています。
このような状況で、中小企業の経営者はコロナショックが長引くことを念頭に、事業継続のための戦略を考えながら経営に取り組む必要があります。
コロナショックへの対応をフェーズ(局面)でとらえると、
1緊急対処(短期戦)
2Withコロナ(中期戦)
3Afterコロナ(中長期戦)
の3つの局面で戦略を練ることが重要と言われています。特に、感染症拡大や長期化が懸念される状況では、「会社をいかに維持していくか」、「商売をどのように展開するか」といった市場変化に合わせた戦略が必要となり、Withコロナ(中期戦)への対応がより重要となります。
令和2年度の戦略的経営展開マニュアルは、コロナショックへの対応や手法を紹介するとともに、県が令和3年3月から運営する、国・県・市町村等の支援情報をワンストップで閲覧・検索できる「あおビズサーチ(あおもり事業者支援ポータルサイト)」を紹介します。
コロナショックに直面している経営者だけでなく、すべての中小企業者・小規模事業者が事業を継続・発展させるために欠かせない実用的な内容となっておりますので、ぜひ本マニュアルをご活用いただき、自社の事業に役立てていただければ幸いです。
itjirei_hyoushi

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

地域産業課経営支援グループ
電話:017-734-9373  FAX:017-734-8107

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度