ホーム > 組織でさがす > 商工労働部 > 地域産業課 > 青森県の伝統工芸品

更新日付:2020年3月4日 地域産業課

青森県の伝統工芸品

善知鳥彫ダルマ (うとうぼりだるま) "Uto" Carved Figurines

善知鳥彫ダルマ
世界にたった一つだけの一刀彫ダルマ「善知鳥彫ダルマ」

善知鳥彫ダルマは青森県の文化振興に功績のあった今克巳が県の工芸品振興のために大正10年ごろより取り組んだのが始まりである。ロダンの作品からヒントを得たという、深紅の衣に包まれた痩身のダルマが前方を見据えるという独特な風貌は、悟りを開き座禅から立ち上がって前に足を踏み出そうとする姿を表現している。
名前はその昔青森県にいた「善知鳥」という鳥にちなんで名付けられた。樹木の自然な割れを最大限に生かしたそのダルマは、一つとして同じものがない。



“Uto” Carved Daruma Figurines - the only Daruma figurines in the world made by the ‘ittobori’ wood sculpting method

“Uto” Carved Daruma Figurines were first created around 1921 by Katsumi Kon, a strong promoter of the arts in Aomori Prefecture. Inspired by Auguste Rodin's works, these Daruma figurines are characterized by their lean bodies draped in red clothing, and seem to stare straight ahead. Their appearance suggests that of Buddhist enlightenment, in which they have emerged from meditation and are about to step up to a higher path.
The artist named his work after the ‘uto’ bird, which lived in Aomori at that time. Pieces of wood that have naturally broken off from trees are used to produce these sculptures and create a truly unique work of art.
【県の指定年月】 平成8年3月
【主な製品】 木彫ダルマ
【主な製造工程】 原木の切断→割り裂き→陰干し→木取り→彫り→色付け→完成
【問い合わせ先】
福井強 030-0912 青森県青森市八重田4-3-13
017-736-7171

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

地域産業課 地域資源活用推進グループ
電話:017-734-9375  FAX:017-734-8107

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度