ホーム > 組織でさがす > 商工労働部 > 地域産業課 > 【再募集】「県内工芸品製造者」×「工芸品を売る人財」マッチング会への参加者を募集します!

関連分野

更新日付:2021年9月24日 地域産業課

【再募集】「県内工芸品製造者」×「工芸品を売る人財」マッチング会への参加者を募集します!

※当初、令和3年8月25日(水)にアスパムにて参集形式で実施予定でしたが、全国及び県内の新型コロナウイルス感染症の感染状況を踏まえ、開催時期及び手法を変更しております。

 県では、令和3年度あおもり工芸品販売体制構築事業において、県内工芸品製造者の販路拡大及び労働力不足の緩和を促進するため、製造者の「作る」と「売る」の分業化を目指し、「作る」以外のサポートを行う「工芸品を売る人財」を育成し、新たな販売体制の構築に取り組むこととしています。

 この度、本事業の趣旨や今回構築する販売体制の概要を説明するとともに、工芸品を売る人財と製造者のマッチングを図るため、下記のとおりマッチング会を開催します。

「商品のPRの仕方やカタログ・チラシ等の販促物の相談をしたい!」
「県内・県外で取扱店舗を増やしたい!」「商品の認知度を上げたい!」
「オンライン販売やWebサイト制作について相談したい!」
「OEMなどコラボ商品の受注を増やしたい!」 など

商品を「作る」以外のことにお悩みを抱えているみなさま、ぜひお申込みください!
「工芸品を売る人財」(4者中1者)が下記の期間にみなさまの工房を訪問し、みなさまのお悩み・課題等をヒアリングします!
※どの人財が自社にとって良いのかわからない場合等、事前のご相談も可能です。

参加者募集チラシPDFファイル[457KB]
参加申込書エクセルファイル[16KB]

1 日時・場所

令和3年10月26日(火)~29日(金)
※上記日程のうち、いずれかの日に「工芸品を売る人財」(4者中1者)・講師・県担当者がみなさまの工房をご訪問します。

2 工芸品を売る人財とは

 作り手のサポート機能(プロモーション、営業、販売後のフォロー、商品のブラッシュアップなど、「作る」以外のトータルサポートを行う)を有する卸売や営業代行等を行う人財。

3 「工芸品を売る人財」紹介

(1)合同会社imajimu
文化芸術活動の振興を目的に2014年に設立。
現在は「南部花形組子」の作り手さんと商品開発・販売に取り組んでいる(https://recommendo.shop-pro.jp/)。
この事業を通して、作り手さん(南部・津軽地方問わず)の手仕事のすごさと商品を知ってもらうお手伝いをしたい。

(2)クリック
CAD販売会社(CADインストラクター業務)を退職後に独立。
現在は、パソコン・ソフト等のサポートや印刷物(ポスター、チラシ等)の制作も実施。コンピュータ・グラフィックスを使用して、実物に近い商品画像の制作が可能(過去に津軽塗の職人と取り組んだ経験あり)。
この事業を通して、作り手さんのモノづくりに寄与したい。

(3)株式会社小倉内装
昭和8年に表具店として創業。(現在は室内装飾部門もあり)(http://ogura.jp.net/)
近年は、地域貢献を念頭に青森の伝統工芸や地域資源を活用したインテリアやインテリア雑貨の施工・製造に取り組んでいる。
この事業を通して、青森の伝統工芸・作り手さんのファンを増やしたい。

(4)有限会社イシオカ工芸
昭和62年に津軽塗の専門問屋として創業(https://ishiokakougei.com/)。
近年は、津軽塗以外の工芸品も取扱い、首都圏や北海道、東北地方へ発信している。
この事業を通して、津軽塗をはじめ、様々な県内工芸品をワンパックで提案できる体制を作りたい。

4 訪問時に御準備いただきたいもの

 商品、商品カタログ、チラシ、写真、販促物等
 ※カタログ等は5部ご準備ください。

5 申込方法

別添「参加申込書」を、令和3年10月15日(金)17時までにメール又はFAXで送付してください。

◎送付・お問い合わせ先
住所:〒030-8570 青森市長島1-1-1 青森県商工労働部地域産業課地域資源活用推進グループ 齊藤
TEL:017-734-9375(直通) Email:chiikisangyo@pref.aomori.lg.jp

6 講師紹介

株式会社リアルジャパンプロジェクト
代表取締役 河内 宏仁
PR/SALES 相原 渚

-リアルジャパンプロジェクトとは?-
日本のものづくり・地場産業のブランドづくりをサポートするプロジェクトである。“日本のものづくりをもっと身近に”という想いから、2009年にプロジェクトを発足。
以来、日本各地のものづくりの現場に足を運び、商品開発やプロモーション、販路開拓などを中心に、事業戦略や販売戦略をクライアントとともに考えサポートしている。

7 今後のスケジュール(予定)

(1)マッチング会(工房訪問)
日時:10月26日~29日
場所:作り手の工房等
参加者:売り手、申込みのあった作り手
実施内容:売り手(4者中1者)が作り手のみなさまのお悩み・課題をヒアリング。

(2)集合研修または個別指導
日時:11月26日、12月21日(計2回)
場所:青森市内の会議室、作り手の工房 等
講師:株式会社リアルジャパンプロジェクト
参加者:売り手、(売り手とマッチングした作り手)
実施内容:作り手のみなさまが抱えているお悩み・課題に応じた目標を売り手と一緒に設定し、課題解決に向けて研修会等を実施。
※研修会に参加ができない場合は、売り手のみの参加もOK。

(3)フォローアップ研修会(zoom等にて)
日時:2月25日
参加者:売り手、(売り手とマッチングした作り手)
実施内容:課題解決のために取り組んだ内容と成果等を振り返るための個別指導を実施。
※研修会に参加ができない場合は、売り手のみの参加もOK。


※新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、Webでの開催若しくは中止又は延期とする場合があります。

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

商工労働部 地域産業課 地域資源活用推進グループ
電話:017-734-9375  FAX:017-734-8107

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter