ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 水産局水産振興課 > 特定水産動植物の採捕の許可に係る申請に対する処分に関する審査基準及び標準処理期間(案)並びに特定水産動植物の採捕の許可に対する不利益処分に関する処理基準(案)について

関連分野

更新日付:2022年2月22日 水産振興課

特定水産動植物の採捕の許可に係る申請に対する処分に関する審査基準及び標準処理期間(案)並びに特定水産動植物の採捕の許可に対する不利益処分に関する処理基準(案)について

 令和2年12月1日に施行された漁業法等の一部を改正する等の法律(平成30年法律第95号)により漁業法(昭和24年法律第267号。以下「法」という。)が改正され、法第132条第1項において、悪質な密漁の対象となるおそれが大きい特定水産動植物の採捕を原則として禁止することとされました。
 また、当該禁止規定の適用が除外される場合として、同条第2項第4号では、特定水産動植物の生育及び漁業の生産活動への影響が軽微な場合として農林水産省令で定める場合が規定されています。これを受けて、漁業法施行規則(令和2年農林水産省令第47号)第42条第1項において、試験研究又は教育実習のため特定水産動植物を採捕することについて農林水産大臣又は都道府県知事の許可を受けた者が採捕する場合が定められました。
 この度、県では、特定水産動植物の採捕の許可に係る申請に対する処分に関する審査基準及び標準処理期間並びに特定水産動植物の採捕の許可に対する不利益処分に関する処理基準を制定することとしましたので、これらに対する意見を次のとおり募集しています。

1 意見募集の期間

 令和4年2月22日(火)から令和4年3月23日(水)まで

2 案の概要

(意見募集の公表)
 県のホームページ(https://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kikaku/koho/iken.html)や県水産振興課、県政情報センター、県の各合同庁舎地域住民情報コーナーで御覧いただけます。
 なお、郵送を希望される場合は、返信先を記載した返信用封筒(角形2号)に切手120円分を貼付して、青森県農林水産部水産局水産振興課までお申し込みください。

3 意見提出の際の留意事項

(1)提出に当たって使用する言語は、日本語とします。
(2)提出方法は、郵便、FAX又は電子メールによるものとします。(3月23日(水)必着)
(3)意見提出に当たっての様式は特にありませんが、提出される方の住所・氏名(法人等の場合は、その名称・事務所所在地等の連絡先)を明記してください。住所・氏名が記載されていない場合は、提出意見として取り扱わない場合があります。
(4)提出先は次のとおりです。
 (郵便) 〒030-8570 青森市長島1丁目1番1号 青森県水産振興課
 (FAX)  017-734-8166
 (電子メール) sshinko@pref.aomori.lg.jp

4 提出された意見の公表

 提出していただいた意見については、それに対する県の考え方を付して、内容を公開することを予定しています。公開に当たっては、住所・氏名は公表しませんが、意見の内容を簡単にとりまとめて公表する予定です(この際に、類似の意見はまとめて公表することもあります。)。
 なお、賛成、反対のみの意見については、その件数は公表しますが、案そのものが県の意見ですので、改めて考え方を公表することはしません。

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

水産振興課 漁業管理グループ
電話:017-734-9593  FAX:017-734-8166

この記事をシェアする

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする

フォローする

  • facebookでフォローする
  • twitterでフォローする