ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 食の安全・安心推進課 > 鳥インフルエンザに関連した食品の安全性について

関連分野

更新日付:2022年11月20日 食の安全・安心推進課

鳥インフルエンザに関連した食品の安全性について

鶏肉、鶏卵の安全性について

 我が国ではこれまで、家きん肉や家きん卵を食べて、鳥インフルエンザウイルスに感染した例は報告されていません。
 また、鳥インフルエンザが発生した場合には、感染鶏や同一農場の鶏は全て殺処分されるなどの家畜防疫上の措置が行われるため、本ウイルスに感染した鶏等が市場に出回ることはありません。
 引き続き、本県産の鶏肉、鶏卵をご愛用いただくようお願いします。

県内における「高病原性鳥インフルエンザに関する情報」はこちら


○関連ホームページ
「鳥インフルエンザについて知りたい方へ」(農林水産省HP)
「高病原性鳥インフルエンザについて」(内閣府食品安全委員会HP)
「鳥インフルエンザに関する情報」(消費者庁HP)

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

食の安全・安心推進課 安心推進グループ
電話:017-734-9352  FAX:017-734-8086
e-mail:SANZEN@pref.aomori.lg.jp

この記事をシェアする

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする

フォローする

  • facebookでフォローする
  • twitterでフォローする