ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 食の安全・安心推進課 > 青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査結果(平成23年度~令和3年度)

関連分野

更新日付:2022年9月20日 食の安全・安心推進課

青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査結果(平成23年度~令和3年度)

令和3年度(2021年度)青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査結果

令和3年度(2021年度)は、42品目、693件を調査しました。
このうち17品目71件から放射性セシウムが検出されましたが、全て食品衛生法に基づく基準値(一般食品100ベクレル/kg)を下回っていました。

令和3年度青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査実績
分類 品目数 件数 主な品目
穀類 1 21 玄米
野菜 1 6 ながいも
果実 2 23 りんご、ぶどう
林産物 23 345 原木しいたけ、野生きのこ類等
検出:16品目68件(基準値を下回る)
水産物(注2) 15 298 タラ、ホタテ、シジミ等 
検出:1品目3件(基準値を下回る)
合計 42 693 検出:17品目71件

注1)詳細な結果は専用ホームページを参照。
注2)水産物については、国(水産庁)と連携して実施した調査数を記載している。

令和2年度(2020年度)青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査結果

令和2年度(2020年度)は、53品目、643件を調査しました。
このうち14品目79件から放射性セシウムが検出されましたが、全て食品衛生法に基づく基準値(一般食品100ベクレル/kg)を下回っていました。

令和2年度青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査実績
分類 品目数 件数 主な品目
穀類 1 21 玄米
野菜 1 6 ながいも
果実 2 23 りんご、ぶどう
林産物 22 363 原木しいたけ、野生きのこ類等
検出:11品目73件(基準値を下回る)
水産物(注2) 27 230 タラ、ホタテ、シジミ等 
検出:3品目6件(基準値を下回る)
合計 53 643 検出:14品目79件

注1)詳細な結果は専用ホームページを参照。
注2)水産物については、国(水産庁)と連携して実施した調査数を記載している。

令和元年度(2019年度)青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査結果

令和元年度(2019年度)は、56品目、701件を調査しました。
このうち11品目91件から放射性セシウムが検出されましたが、全て食品衛生法に基づく基準値(一般食品100ベクレル/kg)を下回っていました。

令和元年度青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査実績
分類 品目数 件数 主な品目
穀類 1 21 玄米
野菜 1 6 ながいも
果実 2 23 りんご、ぶどう
林産物 20 302 原木しいたけ、野生きのこ類等
検出:10品目86件(基準値を下回る)
水産物(注2) 32 349 タラ、ホタテ、シジミ等
検出:1品目5件(基準値を下回る)
合計 56 701 検出:11品目91件(全て基準値を下回る)

注1)上記に加え、牛肉については全頭検査を実施し、全て検出なし。詳細な結果は専用ホームページを参照。
 (なお、牛肉の全頭検査は令和元年度で終了)
注2)水産物については、国(水産庁)と連携して実施した調査数を記載している。

平成30年度(2018年度)青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査結果

平成30年度(2018年度)は、33品目、773件を調査しました。
このうち10品目、99件から放射性セシウムが検出されましたが、全て食品衛生法に基づく基準値(一般食品100ベクレル/kg)を下回っていました。

平成30年度青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査実績
分類 品目数 件数 主な品目
穀類 21 玄米
野菜 1 6 ながいも
果実 2 23 りんご、ぶどう
林産物 11 394 検出:8品目91件(基準値を下回る)
水産物(注2) 18 329 検出:2品目8件(基準値を下回る)
合計 33 773 検出:10品目99件(全て基準値を下回る)

注1)上記に加え、牛肉については全頭検査を実施し、全て検出なし。詳細な結果は専用ホームページを参照。
注2)水産物については、国(水産庁)と連携して実施した調査も含む。

平成29年度(2017年度)青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査結果

平成29年度(2017年度)は、38品目、909件を調査しました。
このうち8品目118件から放射性セシウムが検出されましたが、全て食品衛生法に基づく基準値(一般食品100ベクレル/kg)を下回っていました。

平成29年度青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査実績
分類 品目数 件数 主な品目
穀類 21 玄米
野菜 1 6 ながいも
果実 2 23 りんご、ぶどう
林産物 14 445 検出:7品目105件(基準値を下回る)
水産物(注2) 20 414 検出:1品目13件(基準値を下回る)
合計 38 909 検出:8品目118件(全て基準値を下回る)

注1)上記に加え、牛肉については全頭検査を実施し、全て検出なし。詳細な結果は専用ホームページを参照。
注2)水産物については、国(水産庁)と連携して実施した調査も含む。

平成28年度(2016年度)青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査結果

平成28年度(2016年度)は、78品目、1,312件を調査しました。
このうち11品目、137件から放射性セシウムが検出されましたが、全て食品衛生法に基づく基準値(一般食品100ベクレル/kg)を下回っていました。

平成28年度青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査実績
分類 品目数 件数 主な品目
穀類 4 68
野菜 20 67
果実 11 56
畜産物(注1)  3 32 検出:1品目1件(基準値を下回る)
林産物  17 415 検出:8品目102件(基準値を下回る)
水産物(注2) 23 674 検出:2品目34件(基準値を下回る)
合計 78 1,312 検出:11品目137件(全て基準値を下回る)

注1)上記に加え、牛肉については全頭検査を実施し、全て検出なし。詳細な結果は専用ホームページを参照。
注2)水産物については、国(水産庁)と連携して実施した調査も含む。

平成27年度(2015年度)青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査結果

平成27年度(2015年度)は、97品目、1,296件を調査しました。
このうち10品目、116件から放射性セシウムが検出されましたが、全て食品衛生法に基づく基準値(一般食品100ベクレル/kg)を下回っていました。

平成27年度青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査実績
分類 品目数 件数 主な品目
穀類 5 74
野菜 23 100
果実 11 56
畜産物(注1)  4 33 検出:1品目1件(基準値を下回る)
林産物  19 298 検出:6品目53件(基準値を下回る)
水産物(注2) 35 735 検出:3品目62件(基準値を下回る)
合計 97 1,296 検出:10品目116件(全て基準値を下回る)

注1)上記に加え、牛肉については全頭検査を実施し、全て検出なし。詳細な結果は専用ホームページを参照。
注2)水産物については、国(水産庁)と連携して実施した調査も含む。

平成26年度(2014年度)青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査結果

平成26年度(2014年度)は、102品目、1,446件を調査しました。
このうち、8品目189件から放射性セシウムが検出されましたが、全て食品衛生法に基づく基準値(一般食品100Bq/kg)を下回っていました。

平成26年度 青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査実績
分類 品目数 件数 備考
穀類 5 78
野菜 29 131
果実 11 57
畜産物(注1) 5 53 検出:1品目1件(基準値を下回る)
林産物 12 204 検出:3品目44件(基準値を下回る)
水産物(注2) 40 923 検出:4品目144件(基準値を下回る)
合計 102 1,446 検出:8品目189件(全て基準値を下回る)

注1)上記に加え、牛肉については全頭検査を実施し、全て検出なし。詳細な結果は専用ホームページを参照。
注2)水産物については、国(水産庁)と連携して実施した調査も含む。

平成25年度(2013年度)青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査結果

平成25年度(2013年度)は、120品目、1,787件を調査しました。
このうち、10品目279件から放射性セシウムが検出されましたが、全て食品衛生法に基づく基準値(一般食品100Bq/kg)を下回っていました。
なお、県保健衛生課による流通食品の検査により、野生きのこで、基準値を超える放射性セシウムが検出されております。(詳細は、こちら(野生きのこの出荷制限について)をご覧ください。)

平成25年度青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査実績
分類 品目数 件数 備考
穀類 5 78
野菜 32 170
果実 11 132
畜産物(注1) 6 129 検出:1品目3件(基準値を下回る)
林産物 12 140 検出:2品33件(基準値を下回る)
水産物(注2) 54 1,138 検出:7品目243件(基準値を下回る)
合計 120 1,787 検出:10品目279件(全て基準値を下回る)

注1)上記に加え、牛肉については全頭検査を実施し、全て検出なし。詳細な結果は専用ホームページを参照。
注2)水産物については、国(水産庁)と連携して実施した調査も含む。

平成24年度(2012年度)青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査結果

平成24年度(2012年度)は、128品目、1,855件を調査しました。
このうち、20品目347件から放射性セシウムが検出されましたが、食品衛生法に基づく基準値(一般食品100Bq/kg)を超過したのはマダラ1件のみで、116Bq/kgでした。
なお、マダラについては、岩手県による検査において、本県漁港で水揚げされ岩手県に出荷されたマダラフィレからも基準値を超過して1件検出されており、原子力災害対策本部長(内閣総理大臣)から本県太平洋海域におけるマダラの出荷制限要請が指示されましたが、その後の検査で基準値を下回ったことから、平成24年10月31日付けで解除となっています。
また、県保健衛生課による流通食品の検査により、野生きのこで、基準値を超える放射性セシウムが検出されております。(詳細は、こちら(野生きのこの出荷制限について)をご覧ください。)

平成24年度青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査実績
分類 品目数 件数 備考
穀類 6 93
野菜 32 198 検出:1品目1件(基準値を下回る)
果実 11 137
畜産物(注1) 5 128 検出:1品目2件(基準値を下回る)
林産物 9 54 検出:1品目1件(基準値を下回る)
水産物(注2) 65 1,245 検出:17品目343件
(マダラ1件から116Bq/kg検出、他は全て基準値を下回る)
合計 128 1,855 検出:20品目347件

注1)上記に加え、牛肉については全頭検査を実施し、全て検出なし。詳細な結果は専用ホームページを参照。
注2)水産物については、国(水産庁)と連携して実施した調査も含む。

平成23年度(2011年度)青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査結果

県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査は平成23年7月26日から開始しています。
平成23年度(2011年度)は、65品目、814件を調査し、その全てから放射性物質は検出されていません。

平成23年度青森県産農林水産物の放射性物質モニタリング調査実績
分類 品目数 件数 備考
穀類 6 142 玄米、小麦、大豆、そば等
野菜 24 205 ながいも、にんにく、ごぼう等
果実 6 255 りんご、もも、なし、ぶどう等
畜産物(注1) 3 55 原乳、鶏卵、飼料用とうもろこし等
林産物 1 7 原木しいたけ
水産物(注2) 25 150 回遊性、沿岸性、淡水性各魚種
合計 65 814

注1)上記に加え、牛肉については全頭検査を実施し、全て検出なし。詳細な結果は専用ホームページを参照。
注2)水産物については、上記の他、国(水産庁)と連携した調査(23品目195件)も実施しており、一部の回遊魚から微量の放射性セシウムが検出したが、全て暫定基準値を下回っている。

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

食の安全・安心推進課
電話:017-734-9352(直通)  FAX:017-734-8086

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter