ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 食の安全・安心推進課 > 牛ふん堆肥中のクロピラリドが原因と疑われる園芸作物等の生育障害の発生への対応について

関連分野

更新日付:2017年1月20日 食の安全・安心推進課

牛ふん堆肥中のクロピラリドが原因と疑われる園芸作物等の生育障害の発生への対応について

 クロピラリドは、海外で牧草等に使用されている除草剤で、日本では使用されていません。
 クロピラリドは分解がされにくく、クロピラリドを含む除草剤が使用された輸入粗飼料を給与された家畜の排せつ物やこれを原料とした堆肥に残留します。
 国内で、クロピラリドが残留した堆肥の使用が原因と疑われる作物の生育障害が報告されていますので、被害防止に向けて、下記により対応いただようお願いします。
 なお、クロピラリドは家畜や人に対する毒性は低く、輸入粗飼料に残留したクロピラリドが原因となって、家畜自身やその畜産物を摂取した人に対して健康被害をもたらすことはないと考えられています。
 クロピラリドによる生育障害の現れ方は品目により異なります。トマト、ミニトマト、スイートピーなどでは、非常に低い濃度で障害が起こり、特徴は、生長点の異常生育や葉の変形などです。

平成29年1月5日付け28北消第363号、28北生第1153号[19KB]
別添通知文[429KB]
別添粗飼料業者向け通知文[511KB]
別紙1(クロピラリドについて)[216KB]
別紙2(発生時調査フロー)[190KB]
別紙3(報告様式)[145KB]

畜産農家の皆さまへ

ア  輸入粗飼料を購入する際にクロピラリドの残留の可能性がある旨の情報を受領した場合は、家畜排せつ物等の提供先に対し、「この家畜排せつ物等はクロピラリドが残留している可能性があるため、園芸作物等への使用に当たっては作物の種類や施用量に留意し、場合によっては使用を控える必要がある」旨の情報を確実に伝達すること。

イ 自ら堆肥を生産している畜産農家が、輸入粗飼料を購入する際にクロピラリド残留の可能性がある旨の情報を受領した場合であって、堆肥を園芸農家等に提供する前に生物検定を実施した場合は、その結果を堆肥の提供先に伝達すること。

ウ  園芸農家等に提供した堆肥等によってクロピラリドが原因と疑われる生育障害が発生したことを把握した場合は、県に速やかに報告するとともに、原因究明のための調査に協力すること。

啓発チラシ畜産農家向け[223KB]

堆肥等製造・販売業者の皆さまへ

ア 家畜排せつ物等の提供を受ける際に、クロピラリドの残留の可能性がある旨の情報を受領した場合は、堆肥等の提供先に対し、「この堆肥等はクロピラリドが残留している可能性があるため、園芸作物等への使用に当たっては、作物の種類や施用量に留意し、場合によっては使用を控える必要がある」旨の情報を確実に伝達すること。

イ 家畜排せつ物等の提供を受ける際に、クロピラリドの残留の可能性がある旨の情報を受領した場合であって、堆肥等を提供する前に生物検定を実施した場合は、その結果を堆肥の提供先に伝達すること。

ウ 園芸農家等に提供した堆肥等によってクロピラリドが原因と疑われる生育障害が発生したことを把握した場合は、県に速やかに報告するとともに、原因究明のための調査に協力すること。

啓発チラシ堆肥製造業者向け[214KB]

園芸農家の皆さまへ

ア 施肥基準等に即し、堆肥の施用量及び施用方法を適正に行うこと。

イ 堆肥等の提供を受ける際は、クロピラリドの残留の可能性を提供元に確認すること。
堆肥等にクロピラリドの残留の可能性がある旨の情報を受領した場合は、生物検定を実施するなど生育障害が生ずるおそれがないことを確認した上で堆肥等を利用すること。

ウ 堆肥等の利用によってクロピラリドが原因と疑われる生育障害が発生したことを把握した場合は、県に速やかに報告するとともに、堆肥等の提供者に対し、その旨を伝達すること。

啓発チラシ園芸農家向け[324KB]

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

食の安全・安心推進課環境農業グル-プ
電話:017-734-9353  FAX:017-734-8086

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter