ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 林政課 > 青森県分収造林のあり方検討委員会最終報告書

関連分野

更新日付:2008年7月7日 林政課

青森県分収造林のあり方検討委員会最終報告書

社団法人青い森農林振興公社が実施している「分収造林事業」(公社が土地を借り受け、公社の費用負担により植林や手入れを行い、立木販売収益を土地所有者と公社が契約に基づき分け合う方法により森林整備を行うもの)については、事業資金を借入金により賄う仕組みで実施してきましたが、近年の国産材価格の低迷により、将来の償還に懸念が持たれる状況になっています。

このため県では、平成17年6月に「青森県分収造林のあり方検討委員会」を設置し、同事業に係る債務問題をはじめ、今後のあり方や方向性について検討していただいてきましたが、この度、同委員会から最終報告書が県に提出されたので公表します。

「中間報告」についての意見募集結果

社団法人青い森農林振興公社が実施している「分収造林事業」について、今後のあり方や方向性を検討するため県が設置した「青森県分収造林のあり方検討委員会」がまとめた「中間報告」についての意見募集の結果は下記のとおりです。

1 意見募集期間
平成18年3月22日から平成18年4月21日まで

2 提出された意見
全部で4件の意見をいただきました。今後の反映予定は次のとおりです
意見と反映状況
(1)文章修正 (2)記述済み (3)実施段階検討 (4)反映困難 (5)その他

※表中の区分
(1)「文章修正」   -本文の修正、記述の追加等意見を反映させるもの
(2)「記述済み」   -既に記述済みのもの
(3)「実施段階検討」-プランの実施段階で検討または対応すべきもの
(4)「反映困難」   -意見の反映が困難なもの
(5)「その他」     -質問や感想、施策の体系外への意見


提出された意見とそれに対する委員会及び県の考え方はこちらを御覧下さい。(PDF:184KB)
(県のホームページ、行政資料センター、県の各合同庁舎、県農林水産部林政課でも御覧いただけます。)


3 意見の反映方法について
提出された意見については、今後開催される「青森県分収造林のあり方検討委員会」で検討し、県に提出される最終報告書に反映することとしています。


4 その他
パブリックコメントに付した中間報告は、こちらから御覧になれます。(PDF:590KB)

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

林政課森林環境グループ
電話:017-734-9522  FAX:017-734-8145

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter