ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > りんご果樹課 > りんごの幅広い効用

関連分野

  • くらし
  • しごと
  • 県外の方
  • 農業

更新日付:2019年5月22日 りんご果樹課

りんごの幅広い効用

動脈硬化症(心臓病・脳卒中)の予防に
 肉やたまごなど、コレステロールの比較的多い食事をとったとき、りんごを一緒に食べると、りんご繊維が余分なコレステロールを血液に入る前に体の外へと運び出してくれます。
糖尿病の予防に
 りんご繊維には、血液中のコレステロールを下げたり、血糖の上昇を抑える働きがあります。カロリー過多の心配が少なく、1個だけでもある程度空腹を満たすことができます。
便秘の解消に
 りんご繊維が腸内にある善玉菌(ビフィズス菌)を増やし、悪玉菌を減らして、便通をよくしてくれます。
 また、便秘が改善されると頭痛、肩こりなども改善されると言われています。
胃腸に優しいはたらきに
 りんごには、胃酸が少ないときには胃酸を増やし、逆に胃酸が多いときには、胃酸を中和する働きがあります。さまざまな胃病に悩んでいる人には、りんごの常食をお勧めします。
貧血の予防に
 りんごはビタミンC等が含まれているので、鉄分の吸収を高めてくれます。りんごをジュースにして飲むと胃液の分泌を高めることにより、鉄分の吸収を高めてくれます。また、りんごの中にリンゴ酸をはじめとする有機酸が含まれているので、貧血の予防に効果があります。
赤ちゃんの整腸作用に
 りんごには高い整腸作用があり、すりおろしたりんごは乳幼児の胃腸にも優しく作用し、下痢や便秘にも有効です。
虫歯予防に
 りんごを丸かじりすると、歯肉が丈夫になり、噛むことで唾液の分泌もよくなり、むし歯や歯肉炎などの予防効果が期待できます。
太りすぎの予防と美容に
 食事の前にりんごを食べると満腹感があり、食べ過ぎを予防します。また、美しい肌を作るさまざまな物質が含まれているので、体内から優しく作用し、疲労回復にも効果があります。

(「りんごの赤はママの愛~りんごで健康な赤ちゃんを~」(青森県発行)から抜粋)

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

りんご果樹課・企画管理グループ
電話:017-734-9489  FAX:017-734-8143

この記事をシェアする

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする

フォローする

  • facebookでフォローする
  • twitterでフォローする