ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 農林水産政策課 > 最先端省力化農業機械実演会を開催します!

更新日付:2018年8月10日 農林水産政策課

最先端省力化農業機械実演会を開催します!

  県では、農業の労働力不足に対応するため、農業機械メーカーとの協働による最先端省力化農業機械の有効性の実証により県内への導入を推進する「労働力不足に対応した機械化農業推進事業」に取り組んでいます。このたび、当事業の一環として、以下のとおり最先端農業機械の省力効果等を関係者に紹介する実演会を開催することとしましたので、御参加くださるようお願いいたします。

〇日時、場所(県南地区)
平成30年8月22日(水)10時~11時30分
農事組合法人赤沼営農組合ほ場
(十和田市三本木字西金崎117)

〇日時、場所(津軽地区)
平成30年8月22日(水)15時~16時30分
農事組合法人ほりこしファームほ場
(弘前市門外字栄田170)

〇実演内容
ドローン((株)みちのくクボタ)による大豆の農薬散布作業

〇実演機械の概要
上空から効率よく、正確に農薬散布が可能
(一度のフライトで最大1haの面積を散布可能)
※実演場所の詳細は添付ファイルを参照願います。

この記事についてのお問い合わせ

農林水産政策課産業技術研究推進グループ
電話:017-734-9474  FAX:017-734-8133

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度