ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 農林水産政策課 > 農林漁業者の皆様へのお願い(新型コロナウイルス感染拡大及び熱中症の防止)

関連分野

更新日付:2021年8月3日 農林水産政策課

農林漁業者の皆様へのお願い(新型コロナウイルス感染拡大及び熱中症の防止)

 県内において新型コロナウイルス感染症が拡大しています。農山漁村地域においても、帰省や職場・学校の夏休み等により人が集まる時期であり、感染リスクが高まりますので、今後の繁忙期に備え、感染防止対策を徹底してください。
また、今後2週間は高温が続く予報となっていますので、農作業中の熱中症対策も徹底してください。


******************************************
【感染リスクが高まる場面】
(1)帰省者、来訪者との飲食
(2)お盆・お墓参りに伴う実家・親戚宅等での会食・会合
(3)集落の宵宮
(4)作業の節目の会合(バーベキュー等)
(5)作業機械等の共同利用、農業用ハウス等の作業
******************************************

1  新型コロナウイルス感染防止対策の徹底
<対策1>3密(密閉、密集、密接)にならないように工夫しましょう
 ○ 休憩、夕食時においては、できる限り距離をとって会話等は必要最小限にしましょう。また、こまめに換気し時間をずらすなどの工夫をしましょう。
 ○ 少人数であっても飲食を伴う集まりは控えましょう。
 ○ 毎日一緒に作業をしていない方がお手伝いに来た時は、休憩や食事中に会話する際も、マスクを着用しましょう。
 ○ ハウスや屋内の共同作業では、十分に換気を行いましょう。
 ○ 軽トラック等による移動時は、マスクを必ず着用し、会話等は必要最小限にしましょう。また、十分に換気を行いましょう。

<対策2>体調を確認しましょう
 ○ 作業前と作業後に、体温を測定し、記録をしましょう。また、複数名で作業する場合は、手洗い、マスク着用を徹底しましょう。
 ○ 発熱などの風邪症状がある場合には、自宅で待機しましょう。

<対策3>共同利用機械等の消毒をこまめに行いましょう
 ○ 農業機械、施設等を共同利用する際は消毒を徹底しましょう。
 ○ 作業小屋や休憩所など、共同で利用する場合は、ドアノブ、手すり等、人がよく触れるところの消毒や拭き取りを心がけましょう。


2 農作業中の熱中症対策の徹底
<対策1>高温時の作業は避けましょう
 ○ 特に高齢の方は、のどの渇きや気温の上昇を感じづらくなるので、高温時の作業は極力避けましょう。

<対策2>単独作業は避けましょう
 ○ 作業は2人以上で行うか、時間を決めて水分・塩分補給の声がけを行うなど、定期的に異常がないか確認し合うようにしましょう。

<対策3>こめまな休憩と水分補給をしましょう
 ○ 涼しい日陰などで作業服を脱ぎ、体温を下げましょう。
 ○ のどが乾いていなくても、20分おきに毎回コップ1~2杯以上を目安に水分補給しましょう。

<対策4>適宜マスクを外しましょう
 ○ 屋外やハウスで、人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクを外すようにしましょう。


【啓発資料(チラシ)】
 農林漁業者の皆様へのお願い(新型コロナウイルス感染拡大及び熱中症の防止) 
 (1)pdfファイルPDFファイル[436KB]
 (2)jpegファイル画像ファイル[356KB]

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

農林水産政策課企画調整グループ
電話:017-734-9457  FAX:017-734-8133

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter