ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 農産園芸課 > 「令和4年産あおもりの旨い米グランプリ」を実施します

関連分野

更新日付:2022年6月17日 農産園芸課

「令和4年産あおもりの旨い米グランプリ」を実施します

 県産米の更なる評価向上に向けて、品種ごとに食味ナンバーワンを決定し、表彰する「令和4年産あおもりの旨い米グランプリ」を実施します。旨い米づくりに取り組む皆様からの出品をお待ちしております。

主催

青森県

後援

全国農業協同組合連合会青森県本部、青森県米穀集荷協同組合、青森県米穀協議会、 青森県産米需要拡大推進本部、公益社団法人青森県農産物改良協会

出品対象者

(1)個人の部
県内在住の水稲生産者(個人、法人、学校)
(2)団体の部
県内の水稲生産組織・団体、等

対象品種

(1)個人の部
県内で生産された令和4年産の「青天の霹靂」「まっしぐら」「つがるロマン」
※ 他の品種は出品できません。
(2)団体の部
県内で生産された令和4年産の「青天の霹靂」「まっしぐら」
※ 他の品種は出品できません。

募集点数

(1)個人の部
各品種100点 合計300点(目安)
※ 出品は1生産者1点に限ります。同一経営体内で2点以上出品する場合は、出品者が農業従事者であることを条件とします。
(2)団体の部
各品種30点、合計60点(目安)
※出品は1団体1出品に限ります。1団体につき3名の生産者がそれぞれ玄米1kgずつ袋を分けて提出してください。
※団体として研修会の実施、施肥基準等を設けている等、水稲生産に係る取組をしている3名以上の生産者から組織する団体が対象となります。

受付方法等

(1)申込様式
令和4年産あおもりの旨い米グランプリ出品申込書PDFファイル[97KB]
チラシはこちらからPDFファイル[525KB]

(2)申込受付期間
令和4年10月3日(月)~10月28日(金)

(3)玄米提出期間
令和4年10月17日(月)~10月28日(金)

(4)その他
ア 出品料は無料です。
イ 出品する玄米の量は、個人の部は2kg、団体の部は3名の生産者がそれぞれ1kg(合計1kg袋3袋)とし、出品した玄米は返却しません。
ウ 玄米水分16%以上は対象外とします。

審査方法

(1)第1次審査〔成分分析審査〕(11月上旬~中旬)

ア   食味計を使用し、玄米タンパク質含有率が水分15%換算で6.0%以下のものを選出し、その中から整粒歩合の高いものを20点(個人の部15点、団体の部5点)選出します。

イ 選出した20点の精米サンプルを作成し、味度メーターを使用して味度値を測定します。味度値での順位とアの整粒歩合の順位を加算し、合計の低いものから第2次審査を行う5点(個人の部3点、団体の部2点)を選出します。

(2)第2次審査〔食味官能審査〕(11月下旬~12月上旬)
第1次審査で選出した米を精米・炊飯し、15人前後の審査員(県が実施した「食味評価研修受講者」または「ごはんソムリエ資格取得者」等)による審査を行います。団体の部は団体ごとにブレンドした米で審査します。

表彰

個人の部は各品種1位をグランプリ、2位を準グランプリとして、団体の部は各品種1位をグランプリとして表彰します。
※ 3品種×2名、2品種×1団体、合計6名と2団体に賞状と副賞を贈呈します。

表彰式

令和4年12月に開催予定の「あおもり米活性化推進大会」(仮題)において表彰します。
※ 入賞者は事前に連絡しますので、出席をお願いします。また、別途栽培概要等を確認する場合があります。

その他

(1)審査結果は表彰式終了後、出品者へ送付します。
(2)審査は非公開とします。
(3)公平性を保つため、審査サンプルの出品者氏名は伏せて審査を行います。
(4)本グランプリの申込で得られた個人情報は、本イベントの目的以外には使用しません。

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

農産園芸課 稲作・畑作振興グループ
電話:017-734-9480 FAX:017-734-8141

この記事をシェアする

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする

フォローする

  • facebookでフォローする
  • twitterでフォローする