ホーム > 組織でさがす > 教育委員会 > スポーツ健康課 > 第30回青森県民駅伝競走大会

関連分野

更新日付:2022年9月21日 スポーツ健康課

第30回青森県民駅伝競走大会

 第30回青森県民駅伝競走大会は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、感染防止対策を徹底しやすい代替コース(カクヒログループアスレチックスタジアムを発着地点とする新青森県総合運動公園内の周回コース)で開催しました。

◎第30回青森県民駅伝競走大会の結果一覧(令和4年度)
・ 成績一覧(市町村の部)PDFファイル[414KB]
・ 成績一覧(市の部)PDFファイル[189KB]
・ 成績一覧(町の部)PDFファイル[266KB]
・ 成績一覧(村の部)PDFファイル[253KB]
・ 区間賞一覧PDFファイル[175KB]
県民駅伝写真
県民の一体感を盛り上げ活力ある県勢の発展とスポーツの振興を図ることを目的に、県内全市町村参加による駅伝競走大会を開催しました。

今年度の大会概要は下記のとおりです。

大会スローガン 「健脚でつなげ郷土の和と心」

1 大会概要

実施日時

令和4年9月4日(日)
【開会式】10時30分(カクヒログループアスレチックスタジアム)
【スタート】12時00分(カクヒログループアスレチックスタジアム)
【表彰式】14時30分(カクヒログループアスレチックスタジアム)

主催

青森県、青森県教育委員会、(公財)青森県スポーツ協会、青森市

主管

(一財)青森陸上競技協会

後援

青森県市長会、青森県町村会、青森県市町村教育委員会連絡協議会、青森県スポーツ推進委員協議会、青森県小学校長会、青森県中学校体育連盟、青森県高等学校体育連盟

協力

(株)東奥日報社、青森放送(株)、(公社)青森県医師会、青森県スポーツドクターの会、青森県民共済生活協同組合

コース

カクヒログループアスレチックスタジアム(出発点、中継所、決勝点)及び新青森県総合運動公園敷地内周回コース。
※詳細については別紙1参照。 別紙1 競技場内コース図PDFファイル[563KB]、 各区間コース図PDFファイル[662KB]
30ekiden

区間と距離

9区間・26.1キロメートルとし、各区間の距離、指定選手は次のとおりです。
距離 指定選手
第1区 4.0キロメートル 男子(高校生以上)
第2区 1.1キロメートル 男子(小学生)
第3区 1.1キロメートル 女子(小学生)
第4区 5.4キロメートル 男子(高校生以上)
第5区 2.7キロメートル 男子(中学生)
第6区 2.7キロメートル 女子(中学生以上)
第7区 3.8キロメートル 男子(高校生以上)
第8区 2.7キロメートル 女子(中学生以上)
第9区 2.6キロメートル 男子(中学生)

2 競技について

選手編成

 チームの人数は21人以内とし、次のように編成する。
 監督・コーチ:3人(監督1人、コーチ2人)
 選手:18人以内とし、各種別ごとのエントリーは次のとおりとする。
 ・男子(高校生以上)3~6人
 ・男子(中学生)2~4人
 ・女子(中学生以上)2~4人
 ・小学生2~4人

競技

本大会は、現行の日本陸上競技連盟競技規則、同駅伝競走基準及びこの要項に定めるところによる。
(1)市・町・村各部対抗とする。
(2)各区間とも全て指定区間であり、該当する選手以外は走ることはできない。
(3)円滑な競技運営を図るため、第6中継所(7区)のみ先頭から10分以上差が開いたチームを審判長の判断により、途中繰上げスタートをさせる。

出場資格

(1)小学生の選手
以下の市町村から出場可能とする。
➀保護者の居住地の市町村
※単身赴任等により保護者の居住地が複数ある場合は、どちらの市町村から出場も可能とする。
【➀から出場しない場合】
➁在学する学校の所在地の市町村

(2)中学生の選手
以下の市町村から出場可能とする。
➀保護者の居住地の市町村
※単身赴任等により保護者の居住地が複数ある場合は、どちらの市町村から出場も可能とする。
【➀から出場しない場合】
➁在学する学校の所在地の市町村

(3)高校生・大学生(高専・専修学校含む)の選手
〇本県出身者
 県外居住の者を含め、以下の市町村から出場可能とする。
➀保護者の居住地の市町村
※単身赴任等により保護者の居住地が複数ある場合は、どちらの市町村から出場も可能とする。
➁出身地(卒業小・中学校の所在地)の市町村
【➀、➁のいずれからも出場しない場合】
➂在学する学校の所在地の市町村
〇県外出身者
 以下の市町村から出場を可能とする。
➀居住地の市町村
【➀から出場しない場合】
➁在学する学校の所在地の市町村

(4)一般の選手(小学生、中学生、高校生、大学生を除く)
以下の市町村から出場可能とする。
〇県内在住者
➀居住地の市町村
➁出身地(卒業小・中学校の所在地)の市町村
➂勤務地の市町村
〇県外居住者
 出身地(卒業小・中学校所在地)の市町村から1名以内の出場を認める。
 ただし、卒業小・中学校が市町村立(組合立含む)以外の場合には、小・中学卒業時に保護者が居住していた市町村とする。
※現在の居住地において、緊急事態宣言又はまん延防止等重点措置等が発令されている場合は出場を認めない。

(5)ゆかりの選手・交流選手
 次の➀又は➁に該当する選手について、上記(1)から(4)までのカテゴリーにかかわらず出場を認めることとし、その人数はゆかりの選手及び交流選手合わせて2名以内とする。ただし、➀又は➁については、選手確保に苦慮している市町村に限る。
➀ゆかりの選手
 青森県内に在住している者で、居住地(小学生、中学生、高校生、大学生にあっては保護者の居住地)、出身地(卒業小・中学校の所在地)、勤務地又は在学する学校の所在地の市町村から出場しない場合、両親の出身地(卒業小・中学校の所在地)の市町村又は祖父母(父方、母方を問わない)が居住している市町村からの出場を認める。
➁交流選手
 青森県内に在住している者で、居住地(小学生、中学生、高校生、大学生にあっては保護者の居住地)、出身地(卒業小・中学校の所在地)、勤務地又は在学する学校の所在地の市町村から出場しない場合、居住地の地域(県民局管内)内の市町村からの出場を認める。ゆかりの選手・交流選手の規定を別に定める(別紙2参照)。

(6)選手の年齢は、令和4年4月1日現在の満年齢とすること。
(7)小学生・中学生・高校生は、「児童生徒参加同意書及び承諾書」(様式4)に保護者の同意、学校長の承認を得ること。
(8)選手は健康診断を受け、健康であることが証明された者であること。
(9)選手・監督・コーチは、必ずスポーツ傷害保険に加入すること。

表彰

(1)各部の第1位には、賞状と優勝旗を授与する。
(2)各部の第2位には、賞状とトロフィーを授与する。
(3)各部の第3位には、賞状とトロフィーを授与する。
(4)市の部、村の部は4~6位まで、町の部は4~8位まで、賞状を授与する。
(5)各区間の各部ごとの第1位に区間賞を授与する。(同記録の場合は対象者全員)
(6)参加全市町村の第1位に賞状と楯を授与する。

3 参加申込み

(1)選手名簿の提出

「選手名簿」(様式1)は、令和4年7月25日(月)までに青森県教育庁スポーツ健康課に提出すること(郵送及びメールの両方)。また、「12 出場資格(4)」に該当する県外居住の選手がいる場合には、「県外居住選手出場登録届」(様式5)も一緒に提出すること(郵送)。
なお、「児童生徒参加同意書及び承諾書」(様式4)は令和4年8月23日(火)までに提出すること(郵送または持参のいずれか)。
選手名簿提出後の選手の変更は、選手変更の理由書(様式:任意)を添えて、令和4年8月22日(月)までに届け出ること。

(2)選手オーダー表の提出

「選手オーダー表」(様式2)は、参加申し込みした選手名簿の人員で構成することとし、参加市町村代表者会議[令和4年8月23日(火)]に持参し、提出するとともに、青森県教育庁スポーツ健康課にデータをメールで送信すること。

(3)選手オーダーの変更

 選手オーダー表提出後、やむなく選手変更しなければならない場合は「選手オーダー変更表」(様式3)を青森県教育庁スポーツ健康課に提出して承認を得ること。
➀令和4年8月29日(月)正午《時間厳守》までは、区間変更を認める。
➁上記➀以降、大会前日[令和4年9月3日(土)]正午《時間厳守》までの提出については、補欠選手からの補充とする。
 なお、選手オーダー変更表提出期限[令和4年9月3日(土)正午]以後の選手変更は原則として認めない。ただし、特別な事情により選手変更をしなければならない場合は、大会当日の午前10時15分までにカクヒログループアスレチックスタジアムゴール地点で待機する審判長に直に申し出て承認を得ること。
■各書類の提出期限■
提出書類 提出期限 提出方法
【選手名簿】(様式1) 令和4年7月25日(月) 郵送及び電子メール(両方)
【県外居住選手出場登録届】(様式5) 令和4年7月25日(月) 郵送
【選手オーダー表】(様式2) 令和4年8月23日(火)
 参加市町村代表者会議開催日
当日持参及びメール(両方)
【児童生徒参加同意書及び承諾書】(様式4) 令和4年8月23日(火)
 参加市町村代表者会議開催日
郵送または持参
【オーダー変更表】(様式3) (1)区間変更可
⇒令和4年8月29日(月)正午

(2)補欠選手からの補充のみ
⇒令和4年9月3日(土)正午
FAX可

ダウンロード用 様式1~9エクセルファイル[152KB]

4 ナンバーカードについて

各市町村のナンバーカードを1~40番までの通し番号とし、次のように定めます。また、市・町・村ごとにナンバーカードの生地で色分けをします。
駅伝ナンバーカード

5 ゆかりの選手・交流選手について

「ゆかりの選手・交流選手」活用の大まかな流れ
➀選考会を開催している市町村担当者が、選考会の参加者に対し、当該市町村の選手に選ばれなかった場合に、「ゆかりの選手・交流選手」として他市町村から出場することについて、意思を確認。
➁選考会終了後、「ゆかりの選手・交流選手」として出場可能な候補者名簿を作成し、事務局へ提出。事務局で候補者名簿一覧を作成し、選手確保に苦慮している市町村(以下、「市町村」という。※市町村は事前に「ゆかりの選手・交流選手」について申請。)へ配布。
➂市町村は、候補者名簿一覧から、希望する候補者を記入した指名表を事務局へ提出。
➃事務局は、市町村から提出された指名表を確認(希望する選手が重複した場合は、事務局で振り分け)し、市町村へ候補者を提示。市町村は、その連絡を受け、候補者の確認等を行い、選手名簿を事務局へ提出。

ゆかりの選手・交流選手について(別紙2 ダウンロード用)PDFファイル[199KB]

6 新型コロナウイルス感染症防止対策について

新型コロナウイルス感染防止対策(第3版)(別紙3 ダウンロード用)PDFファイル[310KB]
体調管理チェックシート(ダウンロード用)エクセルファイル[16KB]

7 その他

(1)宿泊:大会前日の宿泊が必要な場合は、各参加市町村において宿舎を手配してください。
(2)ナンバーカードと「たすき」は、大会当日、朝の受付時に配付します。

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

スポーツ健康課・スポーツ振興グループ
電話:017-734-9909  FAX:017-734-8275

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter