ホーム > 組織でさがす > 危機管理局 > 消防保安課 > 第1種電気工事士免状の取得に必要な実務経験年数が令和3年4月1日から変わります。

関連分野

更新日付:2021年2月26日 消防保安課

第1種電気工事士免状の取得に必要な実務経験年数が令和3年4月1日から変わります。

令和3年4月1日以降に申請する第1種電気工事士免状交付に必要な実務経験年数が、以下のとおり短縮されます。

 令和3年2月10日に「電気工事士法施行規則の一部を改正する省令(令和3年経済産業省令第3号)」が制定され、令和3年4月1日から施行されます。

 それに伴い、令和3年4月1日以降に第1種電気工事士免状の交付を申請する際に必要な実務経験年数は、電気工事士法施行規則第2条の4第2項による場合は、3年以上になります。

 大学・高専の電気工学系を卒業の方は、従来通り3年以上となります。

 また、電気工事士法施行規則第2条の5による場合は、従来通り5年以上の実務経験年数が必要になります。

 なお、郵送による申請の場合には、免状の交付が令和3年4月1日以降となることを前提に、3月18日から申請が可能です。

 詳しくはコチラPDFファイル[165KB]

 チェックリストPDFファイル[44KB]

 FAQPDFファイル[76KB]

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

危機管理局 消防保安課 産業保安グループ
電話:017‐734-9392  FAX:017‐722-4867

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter