ホーム > 組織でさがす > 企画政策部 > 世界文化遺産登録推進室 > ねぶた師北村麻子さん&アーティストGOMAさんデザインの縄文柄エコバッグを製作しました!!

更新日付:2021年2月10日 世界文化遺産登録推進室

ねぶた師北村麻子さん&アーティストGOMAさんデザインの縄文柄エコバッグを製作しました!!

 青森県では、縄文遺跡群の保護意識の醸成及び世界遺産登録への気運を高めるため、縄文遺跡群に対する県民の興味・関心を惹く魅力ある斬新な企画を募集して取組を実施しており、このたび有限会社コモンからの提案による、「縄文柄エコバッグ」を製作しました。
 図柄は縄文をテーマに、当企画にご賛同くださったアーティストGOMA氏と、ねぶた師北村麻子氏のお二人が描いたものです。非売品の限定グッズですが、2021年の世界遺産登録に向け、県内各遺跡などで行われるイベント等で配布する予定です。

「ねぶた師北村麻子さん&アーティストGOMAさんがえがく縄文柄エコバッグ」はこちら!!

  • 北村麻子さんデザイン
    北村麻子さんデザイン
  • GOMAさんデザイン
    GOMAさんデザイン
図柄は、縄文をテーマにお二人がそれぞれイメージされたものです。

北村さんデザインエコバッグは、遮光器土偶と縄文時代に食されていた栗を配置し、栗の中にはねぶた絵、
りんごなど青森県ゆかりのものを取り入れています。

GOMAさんデザインエコバッグは、板状土偶、動物などがにぎやかに描かれ、中央の遮光器土偶は世界遺産登録に向かって飛んでいくようなデザインとなっています。


【北村麻子さんプロフィール】
ねぶた師史上初の女性ねぶた師。
父親であり六代目ねぶた名人の北村 隆に師事し、2012年にねぶた師デビュー。
2017年には「紅葉狩」で最高賞であるねぶた大賞・最優秀制作者賞を受賞。
その他、これまでに数々の賞を受賞。

【GOMAさんプロフィール】
青森県弘前市生まれ。23歳の時に絵の勉強のため、保育士を辞め秋田公立美術工芸短期大学に入学。
入学後、すぐに頭角を表し、日本だけではなく海外からも仕事依頼を受ける。
卒業後、アーティスト活動を本格的に始動し、2017年にはHIROSAKI APPLE DESIGN AWORDで
世界47カ国のアーティストの中から世界2位を受賞。
2018年には国連宇宙週間コラボ展示会「MOON」を開催。
2019年には株式会社GOMALABOを設立。
現在も日本だけではなく、海外からも注目される新進気鋭アーティスト。

まずはこちらのイベントで配布します!!

☆2月13日、14日に開催される「三内丸山縄文冬祭り」で
特定のイベントに参加していただいた方に、先着で「縄文柄エコバッグ」をプレゼントします。

イベントの詳細は三内丸山遺跡センターのHPをご覧ください。



この記事についてのお問い合わせ

世界文化遺産登録推進室
電話:017-734-9183  FAX:017-734-8128

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度