ホーム > 組織でさがす > 地域県民局 > 上北地域県民局地域健康福祉部保健総室(上十三保健所) > 上十三保健所における自殺予防活動を紹介します。

更新日付:2020年10月7日 上北地域県民局地域健康福祉部保健総室(上十三保健所)

上十三保健所における自殺予防活動を紹介します。

上十三保健所管内の現状

平成30年の自殺死亡率(人口10万対)は25.7であり、全国16.1、県20.6に比べ高く、特に40~60代の働き盛りの自殺が多い状況です。

こころの病気で大切な命をなくさないために

「最近、何もやる気がおきない」「よく眠れなくなった」ことなどはありませんか? 悩みを抱えていたり、つらいことがあると、うつ病などのこころの病気のリスクが高まります。うつ病は自殺を引き起こすことがある病気のひとつです。

※うつ病とは……こころと体の不調が長く続き、日常生活に支障をきたしてしまう病気です。早期に発見し、治療を始めることで回復の可能性が高くなります。

その悩み話してみませんか?

悩みごとやつらいことは、ひとりで抱え込んでいると、抱えきれなくなってしまうことがあります。ひとりで悩まずに、まずは医療機関(精神科、心療内科など)や相談機関に相談してみましょう。

こころの相談窓口及び関連サイト

こころの相談窓口ネットワーク電話番号一覧表 (障害福祉課のホームページへリンクします。)
青森県の自殺対策について (障害福祉課のホームページへリンクします。)


※最寄の市町村保健師にも御相談ください。

こころの相談日

この記事についてのお問い合わせ

上北地域県民局地域健康福祉部保健総室(上十三保健所)
電話:0176-23-4261  FAX:0176-23-4246

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度