ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 医療薬務課 > 令和4年度青森県地域医療勤務環境改善体制整備事業費補助金

関連分野

更新日付:2022年7月15日 医療薬務課

令和4年度青森県地域医療勤務環境改善体制整備事業費補助金

勤務医の時間外労働上限規制の適用が開始される令和6年4月1日に向け、各医療機関における医師の労働時間短縮への取組を支援します。

補助対象事業

医師の労働時間短縮に向けた取組として医療機関が作成した「勤務医の負担軽減及び処遇の改善に資する計画」に基づく総合的な取組を実施する事業
(活用例)
・ICT機器整備(勤怠管理機器等)
・改善支援業務委託
・補助職員雇用(診療報酬対象外)

補助対象医療機関

次のいずれかの要件を満たす施設で、交付要件を満たすもの(ただし、診療報酬により地域医療体制確保加算を取得している医療機関を除く)。
1.救急医療に係る実績として、救急用の自動車又は救急医療用ヘリコプターによる搬送件数が、年間で1000件以上2000件未満であり、地域医療に特別な役割がある医療機関
2.救急医療に係る実績として、救急用の自動車又は救急医療用ヘリコプターによる搬送件数が、年間で1000件未満の医療機関のうち、次のいずれかに当てはまる医療機関
(1) 夜間・休日・時間外入院件数が、年間で500件以上であり、地域医療に特別な役割がある医療機関
(2) 離島、へき地等で、同一医療圏に他に救急対応可能な医療機関が存在しないなど、特別な理由の存在する医療機関
3.地域医療の確保に必要な医療機関であって、次のいずれかに当てはまる医療機関
(1) 周産期医療、小児救急医療機関、精神科救急等、公共性と不確実性が強く働く医療を提供している場合
(2) 脳卒中や心筋梗塞等の心血管疾患の急性期医療を担う医療機関であって一定の実績と役割がある場合など、5疾病5事業で重要な医療を提供している場合
4.その他在宅医療において特に積極的な役割を担う医療機関
※1及び2の救急医療に係る実績は、令和3年1月から12月までの1年間における実績見込とする。

交付要件

次の1~4のいずれをも満たすこと。
1.勤務医の負担の軽減及び処遇の改善のため、勤務医の勤務状況の把握とその改善の必要性等について提言するための責任者を配置すること。
2.月の時間外・休日労働が80時間を超える医師を雇用している若しくは雇用を予定している医療機関で、労働基準法第36条に規定される労働組合若しくは労働者の代表と結ぶ協定(以下「36協定」という。)において全員又は一部の医師の年の時間外・休日労働時間の上限が960時間を超えていること又は全員若しくは一部の医師の年の時間外・休日労働時間の上限が960時間を超えた36協定の締結に向けた見直しを予定若しくは検討していること。
3.2024年までに
・(B)水準指定を予定している医療機関((B)水準医療機関に求められる医療機能を満たす医療機関に限る。)については、(B)水準対象業務に従事する医師については、年の時間外・休日労働時間が1860時間以下、それ以外の医師については年の時間外・休日労働時間が960時間以下
・前記以外の医療機関については、年の時間外・休日労働時間が960時間以下
となるよう(中略)、当該保険医療機関内に多職種からなる役割分担推進のための委員会又は会議を設置し、「勤務医の負担の軽減及び処遇の改善に資する計画」を作成すること。また、当該委員会等は、当該計画の達成状況の評価を行う際、その他適宜必要に応じて開催していること。
4.勤務医の負担の軽減及び処遇の改善に関する取組事項を当該保険医療機関内に掲示する等の方法で公開すること。
※(中略)については、補助金交付要綱にてご確認ください。

補助基準額

病床機能報告により県へ報告している稼働病床数(療養病床除く)×133千円

補助率

1/2

交付申請

補助金の交付を希望する者は、補助金交付要綱を参照し、交付要綱に定める様式により、令和4年7月29日(金)(必着)までに交付申請してください。

申請先
青森県健康福祉部医療薬務課良医育成支援グループ

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

医療薬務課 良医育成支援グループ
電話:017-734-9288  FAX:017-734-8089

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter