ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 保健衛生課 > 令和3年度青森県新型コロナウイルスワクチン接種促進事業費補助金について

更新日付:2021年9月9日 保健衛生課

令和3年度青森県新型コロナウイルスワクチン接種促進事業費補助金について

青森県では、新型コロナウイルスワクチン接種の促進を図るため、市町村の実施する集団接種及び個別接種に協力する医療機関に対し、国の財源を活用した財政支援を行います。

1-1 集団接種の促進

新型コロナウイルスワクチン接種のため、時間外・休日に、市町村が設置する集団接種会場に医療従事者を派遣した医療機関に対し、当該派遣に要する経費を補助します。

(1)概要

補助対象

医療機関(診療所、病院)
※当該医療機関が、新型コロナウイルスワクチン接種のため、時間外・休日に、市町村の設置する集団接種会場に医療従事者を派遣した場合 (当該医療機関が、医療従事者の派遣に伴う経費を負担している必要があります。)

取組期間

(1)令和3年4月1日~令和3年7月31日
(2)令和3年8月1日~令和3年12月4日

補助内容

ワクチン接種を行う派遣医療従事者1人1時間当たり
医師7,550円
医師以外(※) 2,760円
※医師以外には、ワクチン接種を行う歯科医師、看護師、准看護師、臨床検査技師、救急救命士が該当します。

(3)提出書類と記入例

・交付申請書兼実績報告書(第1号様式)ワードファイル[20KB]
・補助事業実績報告書(第2号様式)ワードファイル[36KB]
・対象経費内訳書(第2号様式別紙)ワードファイル[20KB]
・請求書(第4号様式)ワードファイル[20KB]

※各取組期間終了後、下記(4)で示す期限までに県に提出してください。
※県に提出する前に、市町村から補助事業実績報告書(第2号様式)の確認をうけてください。
※請求書(第4号様式)について、申請者と口座名義人が異なる場合は、受領についての委任状ワードファイル[15KB]を併せて提出してください。
※申請者は医療機関の開設者です。法人の場合は、申請者の欄に法人名、代表者の職・氏名を記入し、代表者印を押印してください。

(4)申請期限

各取組期間ごとに次のとおりです。(当日消印有効)
(1)令和3年9月30日(4月1日~7月31日分)
(2)令和4年1月31日(8月1日~12月4日分)

1-2 個別接種の促進

新型コロナウイルスワクチン接種回数の増加を図るため、個別接種に協力する医療機関に対し、接種回数等に応じた補助金を交付します。

(1)概要

補助対象

医療機関(診療所、病院)

取組期間

(1)令和3年5月9日~令和3年7月31日
(2)8・9月(8月1日~10月2日)
(3)10・11月(10月3日~12月4日)
の各期間

補助内容(診療所)
取組の要件 補助金の額
(1)取組期間内において、150回以上接種した週が4週以上ある場合 左欄の週150回以上接種した週について、接種回数1回当たり3,000円
(2)取組期間内において、100回以上接種した週((1)の要件を満たす場合は、その要件を満たす根拠とした週を除く。)が4週以上ある場合 左欄の週100回以上接種した週について、接種回数1回当たり2,000円
(3)取組期間内で、(1)及び(2)の要件を満たす根拠とした週以外の週において、1日50回以上の接種を行った日がある場合 左欄の1日50回以上の接種を行った日について、1日当たり10万円
補助内容(病院)
取組の要件 補助金の額
1日50回以上の接種を行った場合 左欄の1日50回以上の接種を行った日について、1日当たり10万円
通常診療とは別に接種のための特別な人員体制を確保した場合(※1)で、1日50回以上の接種を行った日の週が取組期間内に4週以上ある場合 1日50回以上の接種を行った日について、医療従事者1人1時間当たり次の額
医師7,550円
医師以外(※2) 2,760円

※1  コロナワクチン接種のために専従の体制を取っている場合となります。
新たな雇用者のみではなく、病院内の既存人員の配置換えにより特別な体制を確保した場合を含みます。
※2  医師以外には、ワクチン接種を行う歯科医師、看護師、准看護師、臨床検査技師、救急救命士のほか、薬剤師や事務員も該当します。

(3)提出書類と記入例

・請求書・実績報告書(計算式なし)8月・9月分エクセルファイル[39KB]
・請求書・実績報告書(計算式あり)8月・9月分エクセルファイル[40KB]
 ※各取組期間終了後、下記(4)で示す期限までに県に提出してください。
 ※申請者と請求書の口座名義人が異なる場合は、受領についての委任状ワードファイル[15KB]を併せて提出してください。
 ※申請者は医療機関の開設者です。法人の場合は、申請者の欄に、法人名、代表者の職・氏名を記入し、代表者印を押印してください。
・(参考)請求書・報告書エクセルの入力についてPDFファイル[2365KB]

(4)申請期限

各取組期間ごとに次のとおりです。(当日消印有効)
(1)8月31日(5月9日~7月31日分)
(2)10月31日(8月1日~10月2日分)
(3)12月31日(10月3日~12月4日分)

(5)職域接種を含める場合

次の(1)または(2)に該当する職域接種において、 接種対象者が外部の医療機関に出向いて接種を受けた場合 は、個別接種の促進のための支援の対象となります。
支援の対象は、職域接種を自院で行った医療機関(診療所または病院)です。


(1) 中小企業(中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第1項に規定する中小企業を指す。)が、商工会議所、総合型健保組合、業界団体等複数の企業で構成される団体を事務局として共同実施した職域接種


(2) 文部科学省が別に定める地域貢献の基準を満たす大学、短期大学、高等専門学校、専門学校の職域接種で、所属の学生も対象に実施した職域接種

提出書類

医療機関(診療所または病院)が、職域接種分を実績に含めて補助金(個別接種分)の申請をする場合は、次の書類を提出してください。提出期限は上記(4)のとおりです。

請求書・実績報告書(職域含む)エクセルファイル[53KB]
※申請者と請求書の口座名義人が異なる場合は、受領についての委任状ワードファイル[15KB]を併せて提出してください。
職域接種実施証明書ワードファイル[13KB]
※「職域接種実施証明書」は、職域接種を申請した主体(団体または大学等)が作成してください。
(参考)請求書・実績報告書(職域含む)エクセルの入力についてPDFファイル[2369KB]

2 申請書類提出先

〒030-8570
青森県青森市長島1-1-1(青森県庁北棟7階)
青森県健康福祉部 保健衛生課感染症対策グループ

※封筒に「ワクチン補助金申請書類在中」と朱書きしてください。

3 事業内容を変更(中止・廃止)した場合

以下の書類を提出し、承認を受けてください。
・変更(中止・廃止)承認申請書(第3号様式)ワードファイル[18KB]

4 本補助金に関する問い合わせ先

017-722-1111
内線(6393、6371、6370、6369、6367)

5 参考(関係通知等)

交付申請前に必ずご確認ください。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

保健衛生課 感染症対策グループ
電話:017-734-9284  FAX:017-734-8047

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度