ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 保健衛生課 > 先輩職員からのメッセージ ~ 受験生の皆さんへ ~

更新日付:2021年4月1日 保健衛生課

先輩職員からのメッセージ ~ 受験生の皆さんへ ~

西北地域県民局地域農林水産部 つがる家畜保健衛生所 技師  樽澤 知世 (令和2年度採用)

  現在、私はつがる家畜保健衛生所の職員として家畜伝染病の発生予防やまん延防止に従事しています。自分の日々の仕事が動物の健康を守り、それが農家さんの助けとなり、食の安全に繋がり、県民のみなさんの笑顔に繋がる。地元である青森県で、獣医師としてその環の中で働けることに喜びを感じます。
 家畜保健衛生所の仕事は幅が広く、様々な知識が必要になると同時に高い専門性が求められます。ですが、わからないことはすぐに先輩や上司に教えて貰えますし、技術研修も多いので、安心してレベルアップに励める環境だと思います。また、以前私は民間企業に勤めていましたが、当時に比べワークライフバランスが取れていることも現在の仕事のモチベーションに繋がっています。
 国内での豚熱や鳥インフルエンザの発生を受け、家畜保健衛生所が担う役割はより重要性を増しています。青森県の畜産をより良くするため、皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。
樽澤 知世

三八地域県民局地域健康福祉部保健総室(三戸地方保健所) 技師 齊藤 裕夕(令和2年度採用)

 私は今、保健所の生活衛生課に所属しています。生活衛生課の業務は大きく食品衛生と環境衛生の2つに分かれ、その中で私は環境衛生に関する業務を行っています。具体的には理美容所やクリーニング店、旅館や公衆浴場といった様々な施設を皆様が安心して利用できるよう衛生的な指導を行ったり、営業者の方へ衛生講習会を行ったりします。また、青森県には温泉施設が多くあるので温泉の掘削現場等も見に行きます。このように業務内容は多岐に渡るため、はじめは右も左も分かりませんでした。ですが青森県ではトレーナー制度を採用しているので、新採用者にはトレーナーが付きます。小さなことでも気軽に質問しやすく、自分のペースで学んでいける良い環境だと感じました。
 私は生まれも育ちも神奈川県なので、社会人としての生活だけでなく東北での生活も初めてです。ですが、新生活でできた知り合いや職場の先輩に囲まれながら充実した生活を過ごしています。ぜひ、あなたも青森県で働きませんか?
saitoyuki

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

健康福祉部 保健衛生課 食品衛生グループ
電話:017-734-9214  FAX:017-734-8047

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度