ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 保健衛生課 > 高齢者施設・障害者施設の職員を対象とした集中的検査を実施します。

関連分野

更新日付:2022年8月9日 保健衛生課

高齢者施設・障害者施設の職員を対象とした集中的検査を実施します。

新型コロナウイルス感染症の更なる感染拡大防止を図る目的で、重症化リスクが高い高齢者施設等で従事する職員の方 を対象とした一斉検査(抗原定性検査)を行います。
★ 本検査は、青森県・青森市・八戸市の共同による検査事業です。

検査の概要

検査対象者

県内の高齢者施設及び障害者施設に従事する職員(事務職員等を含む。)

検査内容

  • 受検する方が自分で鼻腔ぬぐい液を採取し、抗原定性検査を行います。
  • 抗原定性検査に係る費用(検査キット代)について、施設側の負担はありません。

実施スケジュール

令和4年8月第2週~8月末まで、全6回の検査(検査(1)~(6))を計画しています。

★検査キット 配達の目安

  • 8月9日~10日頃、検査対象の各施設に検査3回分(検査(1)~(3))の検査キットが配達される見込みです。
  • 8月19日頃、検査3回分(検査(4)~(6))の検査キットが配達される見込みです。
【検査スケジュール】
時期 内容
8月7日~ の週 検査(1)を実施
8月14日~ の週 検査(2)、検査(3)を実施
8月21日~ の週 検査(4)、検査(5)を実施
8月28日~ の週 検査(6)を実施
9月5日 ~ 9月9日まで 検査キット使用実績を県に報告

検査の流れ

  1. 県から対象施設へ検査事業を通知
  2. 各施設において、検査に関する資料等をダウンロード・内容を確認、検査準備を実施
  3. 各施設において、検査キットを受け取り、検査スケジュールに合わせて検査を実施
  4. 全6回の検査が終了後、検査キットの使用実績を県に報告

本検査に関する資料等

検査の概要、実施方法 等
検査実施の手引
集中的検査 実施結果報告書
集中的検査 Q&A
検査管理者の選定に関すること
(厚生労働省ホームページ)医療従事者の不在時における新型コロナウイルス抗原定性検査のガイドライン等について
医療従事者の不在時における新型コロナウイルス抗原定性検査のガイドライン
医療従事者の不在時における新型コロナウイルス抗原定性検査のがイドライン<理解度確認テスト>
本検査で使用する抗原定性検査キットに関すること
(製造販売業者ホームページ)SARS-CoV-2 ラピッド抗原テスト(5テスト)の操作方法、概要、よくある質問
SARS-CoV-2 ラピッド抗原テスト 簡易取扱説明書
製品リーフレット
添付文書

受検に当たっての留意事項

  • 本検査で陽性判定となった場合 には、各施設の 配置医師、嘱託医師 又は 検査実施に係る連携医療機関 へご相談ください。
    ※ 青森県臨時Webキット検査センターへ報告し、医師の診断を受けることも可能です。
    ※ 陽性判定となった検査キットの結果を画像として残しておくと、検査後の相談時に役立ちます。
  • 検査対象者以外の方(例:職員の家族等)が当該検査を受検されたことが判明した際には、当該受検者の方の検査費用は施設側の負担となります。

問合せ先

高齢者施設関係
養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム、ケアハウス、デイサービスセンター
の事業者様
青森県老人福祉協会
TEL:017-731-3755
※受付 8月9日~31日まで

介護老人保健施設の事業者様
青森県老人保健施設協会
TEL:017-776-3868
※受付 8月9日~31日まで

認知症グループホームの事業者様
日本認知症グループホーム協会 青森支部
TEL:0172-37-7300
※受付 8月9日~31日まで

上記以外、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅の事業者様
青森県健康福祉部高齢福祉保険課 介護事業者グループ
TEL:017-734-9297
※受付 8月9日~31日まで
障害者施設関係
青森県知的障害者福祉協会に所属する施設の事業者様
青森県知的障害者福祉協会 事務局(幸養苑)
TEL:017-726-5855(8時~12時)
※受付 8月9日~31日まで

上記以外の施設の事業者様
青森県健康福祉部障害福祉課 障害福祉事業者グループ
TEL:017-734-9308
※受付 8月9日~31日まで

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

保健衛生課(保健医療調整本部)
電話:  FAX:

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter