ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 青森県動物愛護センター > 動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令について(販売に供する犬又は猫の日齢について)

関連分野

更新日付:2016年8月22日 青森県動物愛護センター

動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令について(販売に供する犬又は猫の日齢について)

 動物の愛護及び管理に関する法律第22号の5中に「56日」とあるのは、動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律附則第7項第1項に基づき、改正法の施行日から起算して3年を経過するまでの間、「45日」と読替えるものとされていますが、本年9月1日から「49日」と読替えられることとなります。

 内容については、次のファイルを参照してください
 →動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令[415KB]
 
 
 つきましては、平成28年9月1日以降は、出生後49日を経過しない犬又は猫について、販売のために又は販売の用に供するために引渡し又は展示を行わないようお願いします。
 御不明な点については、当センターまでお問い合わせください。

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

青森県動物愛護センター
電話:017-726-6100  FAX:017-726-6101

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter