ホーム > 組織でさがす > 県土整備部 > 都市計画課 > 下水道>下水道からのお知らせ

関連分野

更新日付:2008年7月1日 都市計画課

下水道>下水道からのお知らせ

新世代下水道事業等の紹介

 近年、下水道の役割として従来の排水の処理に加え、良好な水循環の維持・回復、リサイクル社会構築への貢献、情報化社会への対応等、新たな役割が求められています。
 新世代下水道支援事業制度では、水環境創造事業、リサイクル推進事業、機能高度化促進事業の3事業において、こうした課題に積極的に対応することを目的として創設されています。
事業の種類 期間(年度) 実施箇所名 概要
市町村事業 アクアトピア
(カムバック
・アクアトピア構想)

※アクアトピアとは
aqua(水)と
Utopia(理想郷)
からなる造語
S59~H20
(予定)
弘前市 城下町である同市では、本事業
により中心市街地を貫流する土淵
川の周辺区域で下水道を重点的
に整備します。
 この結果、かつてはヘドロが堆
積し悪臭を放っていた同河川の
水質は著しい向上をみせ、近年で
はサケの遡上が確認されるように
なり、また、毎年夏にはレッド
データブックで絶滅危惧種(2類)
に指定されている
「ミズアオイ(一年草)」が
美しい花を咲かせるように
なりました。
市町村事業 リサイクル推進事業
(再生資源活用型)
(積雪対策推進型)
S60~H22
(予定)
青森市  世界でも有数の豪雪都市として
知られる青森市では 1.5mもの
雪が降り積もる事もあり、市民生
活にとっては大きな障害となって
おります。
 このため、市の3地区において
処理水や都市下水路からの水を
利用し雪を排除するための消融
雪溝の整備をしております。
 H17年度から既設の合流管を
利用した投雪口の整備も進めて
います。
市町村事業 水環境創造事業
(水循環再生型)
H元~H8

H3~H17

H9~H16

H15~H20

(予定)
藤崎町
つがる市
鶴田町
板柳町

 4市町では、現在廃止となった
農業用水路を利用し中心市街地
の雨水対策を整備するのに伴い、
沿川周辺も散歩道等により整備を
進めており(藤崎町は完了)、これ
より劣悪だった生活環境も改善さ
れ、新たな水辺空間が創造される
事になりました。
県事業 アピール下水道 S61~H10 十和田市  観光客数が年間300万人に
達することがある十和田湖では
年々水質が悪化している事から、
秋田県とともに「神秘な湖水と
ヒメマスを守る下水道」として
同事業に着手し水質の保全に
寄与しております。

アクアトピア(カムバックアクアトピア構想)
  • ミズアオイ(弘前市土淵川)
リサイクル推進事業(再生資源活用型)
  • 青森市造道地内(下水管による除・排雪状況)
  • 整備前
  • 整備後
    整備後
  • 青森市八重田浄化センター内
  • 積雪・融雪処理槽
  • ダンプトラックによる融雪槽内への投雪
    ダンプトラックによる融雪槽内への投雪
水環境創造事業(水循環再生型)
  • 藤崎町三千石堰
  • 整備前
  • 整備後
    整備後
  • 鶴田町大字鶴田地内(荒廃した水路を雨水排水路として整備)
  • 整備前
    整備前
  • 整備後
    整備後

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

青森県 県土整備部 都市計画課・下水道グループ
電話:017-734-9688 FAX:017-734-8196

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter