ホーム > 組織でさがす > 県土整備部 > 道路課 > 地方道路交付金事業事後評価

更新日付:2008年9月30日 道路課

地方道路交付金事業事後評価

地方道路交付金事業の事後評価について

◆制度の目的
地方道路交付金事業は、地方の創意・工夫を活かした個性的な地域づくりを推進することを目的として、昭和60年度に創設された制度です。
◆事業の概要
この事業は、一定のエリアにおける課題を解決するために行われる比較的小規模な都道府県道及び市町村道整備事業(改築及び修繕事業)で、国から交付される「地方道路整備臨時交付金」により行われています。
平成15年度までは個別事業に対して事業費が配分されていましたが、平成16年度からは制度の運用改善により、一定のエリアにおける成果目標を達成するための事業群(以下パッケージ)全体に対して配分されるようになりました。(目標達成型事業への転換)

制度の概要イメージはこちら(PDF:316KB)
◆事業の評価
事業期間内(H16~H19までの4箇年)の成果目標については、その達成状況について、平成17年度末時点及び最終年度である平成19年度末時点の評価を実施することとなっており、今回は事業期間満了に伴い「事後評価」として達成状況を取りまとめたものです。
◆事後評価の概要

1.当初計画

2.中間評価の結果

パッケージ1(PDF:189KB) (八戸市、十和田市、三沢市、むつ市、三戸郡、上北郡、下北郡)
パッケージ2(PDF:192KB) (弘前市、黒石市、つがる市、平川市、西津軽郡、中津軽郡、南津軽郡)
パッケージ3(PDF:295KB) (青森市、五所川原市、東津軽郡、北津軽郡)
パッケージ4(PDF:165KB) (県内全域の雪寒事業)

3.事後評価の結果

パッケージ1(PDF:756KB)(八戸市、十和田市、三沢市、むつ市、三戸郡、上北郡、下北郡)
パッケージ2(PDF:684KB)(弘前市、黒石市、つがる市、平川市、西津軽郡、中津軽郡、南津軽郡)
パッケージ3(PDF:660KB)(青森市、五所川原市、東津軽郡、北津軽郡)
パッケージ4(PDF:472)(県内全域の雪寒事業)

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

電話:017-734-9649  FAX:017-734-8189

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度