ホーム > 組織でさがす > 県土整備部 > 道路課 > 県代行事業(市町村道)制度・事務取扱要領

更新日付:2014年3月20日 道路課

県代行事業(市町村道)制度・事務取扱要領

代行事業制度
 県代行事業とは、下記の代行事業関連法の規定に基づき、国土交通大臣が指定する基幹的な市町村道について、県が道路管理者である市町村に代わって道路の新設及び改築を行うもので、これに要する経費については県が負担することとなっています。
 県では、本事業による道路整備の要望があった場合には、路線の重要度、要望市町村の財政力、職員の技術力、事業の効果・技術難度等を勘案し、事業の採択について検討を行います。検討の結果採択される予定となった時には、当該路線の基幹道路の指定ついて国へ要請することとしています。

 代行事業関連法
  豪雪地帯対策特別措置法
  山村振興法
  半島振興法
  過疎地域自立促進特別措置法
○青森県代行事業(市町村道)事務取扱要領
 ・本文 PDFファイル 135KB
 ・様式1、2(公告文)
 ・様式3~12(各種通知文、協定書、引渡・受書)

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

道路課 企画・市町村道グループ
電話:017-734-9649  FAX:017-734-8289

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度