ホーム > 組織でさがす > 環境生活部 > 青少年・男女共同参画課 > はじめての旦那ごはん部

更新日付:2019年8月21日 青少年・男女共同参画課

はじめての旦那ごはん部

はじめての旦那ごはん部イメージ
男性も育児や私生活を充実させることができ、女性が結婚や出産をしても働き続けられる環境づくりは、青森県の未来づくりにつながります。
青森県では、夫婦はお互いに協力し支え合う「チーム」と捉え、働きたいと考える女性が働き続けられること、男性が家事や育児に積極的に参画すること、そして、仕事だけでなく、家事・子育て・介護など生活に必要なことを互いに協力し支え合うことを応援しています。

6歳未満の子どもがいる夫及び妻の家事・育児への参画時間(青森県)

家事
夫/妻(比率)
17分 177分 約10分の1(9.6%)

育児
夫/妻(比率)
44分 188分 約4分の1(23.4%)

資料 総務省「平成28年社会生活基本調査」
このような現状から、夫婦が協力して楽しく家事をするきっかけを作りたいと考え、「はじめての旦那ごはん部」を立ち上げました。

今日のごはんは、なに作ろう?(料理教室のご案内)

男性の家事・育児への参画は、男性自身のワーク・ライフ・バランスが実現するほか、女性の日常的な負担の軽減や女性のキャリアアップなど、夫婦間の対等なパートナーシップの形成につながります。
今回は、家事・育児の中から、「料理」に焦点をあて、第1回は男性を対象に、第2回はご夫婦を対象に、「はじめての旦那ごはん部」を開催します。
料理教室の参加受付は終了しました。
はじめての旦那ごはん部チラシ兼申込書
第1回はじめての旦那ごはん部
ストックおかず2品とメイン1品の予定です。
  • 日時 令和元年9月20日(金)18時00分~20時30分
  • 会場 アピオあおもり 工作室・調理実習室
    (青森市中央3-17-1)
  • 対象 既婚の男性15名
  • 講師 料理研究一家「古川家」
  • 参加費 無料
第2回はじめての旦那ごはん部
メニューをちょっとだけご紹介。夫婦で楽しく作る手作り餃子、生ハム入りサラダ、スープ、おにぎりの予定です。
  • 日時 令和元年10月5日(土)11時00分~14時00分
  • 会場 おおわに自然村生ハム工房(旧大鰐第三小学校)
    (大鰐町早瀬野小金沢48-2)
  • 対象 第1回参加者とその妻 ※小学生以下の子ども参加可。一緒にごはんを作りましょう。
  • 講師 おおわに自然村生ハム工房 石澤輝氏
  • 参加費 無料
申込にあたっての留意事項
  • 調理器具は会場で準備しますが、第2回ごはん部の時のみ、包丁をご持参いただきます。
  • この料理教室は、連続講座となっておりますので、原則2回とも参加できる方を対象とします。
  • ご参加の皆さまには、それぞれのご家庭でも「料理」を実践していただき、Facebook「はじめての旦那ごはん部」に写真などの投稿をお願いします。
  • 定員に達するなど、ご参加いただけない場合には、ご連絡を差し上げます。また、参加決定者の方には、後日、当日の持ち物等のご案内を郵便にてお送りします。
申込・問い合わせ先
  • 青森県環境生活部 青少年・男女共同参画課 男女共同参画グループ
  • 〒030-8570 青森市長島1-1-1
  • 電話 017-734-9228
  • FAX 017-734-8050
  • メールアドレス seishonen@pref.aomori.lg.jp

わが家の旦那ごはん、となりの旦那ごはん、教えてください!(Facebookのご案内)

料理教室「はじめての旦那ごはん部」の様子や、家事・育児に関する情報をお届けします。皆さまのフォロー、そして自宅等で作った旦那ごはんの写真や家事・育児に関する投稿をお待ちしています。
「はじめての旦那ごはん部」Facebookページはこちらです。このリンクは別ウィンドウで開きます
「はじめての旦那ごはん部」Facebook運用ポリシーはこちらです。PDFファイル[137KB]

この記事についてのお問い合わせ

青少年・男女共同参画課
男女共同参画グループ
電話:017-734-9228  FAX:017-734-8050
〒030-8570 青森市長島1-1-1

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度