ホーム > しごと・産業 > 地域産業 > 青森県の伝統工芸品

更新日付:2017年12月20日 地域産業課

青森県の伝統工芸品

新たな青森県伝統工芸品の指定及び青森県伝統工芸士の認定を行いました。

 県では、伝統的な技術又は技法により製造されるものであることや概ね50年以上の歴史を有するものであることなど、一定の要件を満たす工芸品を「青森県伝統工芸品」に指定する制度のほか、高度な技術・技法を有している伝統工芸品の製造者を「青森県伝統工芸士」に認定する制度を設け、伝統工芸品の社会的評価の向上に取り組んでいます。
 青森県伝統工芸品指定制度及び青森県伝統工芸士認定制度についてはこちらこのリンクは別ウィンドウで開きます
平成29年度青森県伝統工芸品指定書交付及び青森県伝統工芸士認定証授与式

日時:平成29年12月20日(水) 11時から
場所:県庁南棟2階第3応接室

 
青森県伝統工芸品の指定

南部花形組子 (舘タテグ工芸 舘 功 氏 (八戸市)) ※新規品目
南部菱刺し (南部菱刺し工房アトリエ縹HANADA 中村 禮子 氏 (八戸市)) ※製造者の追加
 (「禮」は「礻」に「豊」が正しい表記)

青森県伝統工芸士の認定

中村 禮子 氏 (南部菱刺し)

【南部花形組子】


 南部花形組子は、飛鳥時代から建築物の装飾として受け継がれている組子の一種である。花形カンナという専用のカンナを用いて曲線的な加工を施し、釘を使わずに美しい幾何学模様を描く木工品で、原材料として県産材の青森ヒバ等を使用しているほか、木材の種類や木肌の色の違いを利用して模様を描くことが南部花形組子の特徴となっている。
 手作業で木を組み込む工程は、紙一枚の厚さでもずれると組み付けができなくなるほどの細かい作業で、熟練した技術が求められる。
 曲線的で美しい南部花形組子は、和風の建具のみならず、洋風ドアや電気スタンドなど、「和」にも「洋」にも違和感なく取り入れることができる。

【製造工程】
小割→引割→寸法の割り出し→削り→仕上げ→組立て→完成
【主な製品】
ティッシュボックス、行灯、衝立など
【製造者】
舘タテグ工芸 舘 功
〒031-0802 八戸市小中野5丁目10-31
0178-24-5438
<参考~舘氏プロフィール~>
 東京の組子店で修行中に、東京の組子店で修行中に、花形組子の美しさに興味を持ち作り始めた。昭和42年に地元の八戸市に戻り、花形組子を本格的に製作し始め、以来50年間、木肌の色の違いなどを利用して模様を描く舘氏独自の「南部花形組子」を製作している。
 県の伝統工芸品として指定されることで南部花形組子の美しさを広く知ってもらい、南部花形組子を製作してみたいという職人を発掘して育てることを目指している。
 
【南部菱刺し】

 
 八戸市を中心とする南部地方で作られている南部菱刺しの発祥は、今から約200年前まで遡る。当時の農民たちは麻や芋麻の着物しか着ることを許されておらず、木綿は糸として使用するものと決められていた。そこで農村の女性たちは、補強と保温のために麻に木綿糸を刺して、厳しい北国の生活をしのいできた。
 菱刺しの特徴は、麻布に綿糸で偶数目を拾って織り成されるウメノハナ・キジノアシ・クルミ・ソロバン玉といった多彩な幾何学紋様にある。
 現在では、麻地以外に木綿地やウール地も用いられ、ネクタイやタペストリーなど新たな製品にもその技術は応用されている。

【製造工程】
麻地の地直し→紋様のデザイン→刺し→仕上げ→完成
【主な製品】
卓布、前垂れ、のれん、バッグなど
【製造者】
南部菱刺し工房アトリエ縹HANADA 主宰 中村 禮子
〒031-0822 八戸市大字白銀町字人形沢6
0178-33-0569
 
【青森県伝統工芸士-南部菱刺し工房アトリエ縹HANADA 中村 禮子 氏(南部菱刺し)のプロフィール】

  南部菱刺し工房アトリエ縹HANADA主宰。昭和50年に青森県伝統工芸士 西野こよ氏に師事して以来、伝統的な技術を継承し現在に至る。平成28年にギャラリー兼アトリエを開設し、教室など各種教室を主催している。
 伝統的な南部菱刺しの風合いを守るため、自然な色の麻布や木綿糸にこだわり、高度な技術と経験を要する総刺しを施した帯やタペストリーのほか、時代に合わせたデザインを取り入れた商品も製作している。
 南部菱刺しを後世に伝承したいという強い思いを持ち、後継者育成にも意欲的に取り組んでいる。

この記事についてのお問い合わせ

地域産業課 地域資源活用推進グループ
電話:017-734-9375  FAX:017-734-8107

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度