ホーム > しごと・産業 > ICT(情報通信技術) > 社会保障・税番号(マイナンバー)制度のお知らせ

更新日付:2019年11月14日 行政経営課

社会保障・税番号(マイナンバー)制度のお知らせ

マイナちゃん
マイナンバーは、住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるものです。

マイナンバーは、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平かつ公正な社会を実現する社会基盤であり、期待される効果としては、大きく3つあげられます。
  • 1つめは、所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなるため、負担を不当に免れることや給付を不正に受けることを防止するとともに、本当に困っている方にきめ細かな支援を行えるようになります。 (公平・公正な社会の実現)
  • 2つめは、添付書類の削減など、行政手続が簡素化され、国民の負担が軽減されます。また、行政機関が持っている自分の情報を確認したり、行政機関から様々なサービスのお知らせを受け取ったりできるようになります。 (国民の利便性の向上)
  • 3つめは、行政機関や地方公共団体などで、様々な情報の照合、転記、入力などに要している時間や労力が大幅に削減されます。複数の業務の間での連携が進み、作業の重複などの無駄が削減されるようになります。 (行政の効率化)
マイナンバーでどう変わったの?1
マイナンバーでどう変わったの?2
 制度の詳細については、以下のページをご覧ください。

通知カード・個人番号カードについて

 通知カード・個人番号カードについては、下記リンクをご確認ください。

コールセンターの開設

  • 内閣府では、一般の方からのお問い合わせに対応するため、マイナンバーのコールセンターを開設しています。
  • 制度について、ご不明な点がありましたら、コールセンターへお問い合わせください。

電話番号

  • 『マイナンバー総合フリーダイヤル』0120-95-0178 (無料)
  • ※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合、下記の番号へおかけください。(有料)
     ・ 通知カード、個人番号カードに関すること 050-3818-1250 
     ・  その他のお問い合わせ 050-3816-9405
  • 【外国語(英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語)対応のフリーダイヤル】
     ・ マイナンバー制度に関すること 0120-0178-26
     ・ 通知カード、個人番号カードに関すること 0120-0178-27

対応時間

平日 9時30分~20時00分
土日祝 9時30分~17時30分
(年末年始12月29日~1月3日除く)
※紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止については24時間365日受付

法人番号についてのお問い合わせ

  • 国税庁では、法人番号の通知の内容に関するお問い合わせに対応するため、法人番号指定通知書に関するコールセンターを開設しています。

電話番号

  • 『お問合せ先(国税庁法人番号管理室)』 0120-053-161
    ※ IP電話で上記ダイヤルに繋がらない場合は、03-5800-1081におかけください(通話料金がかかります)。

対応時間

平日:午前8時45分から午後6時まで
※土日祝日及び年末年始(12月29日から1月3日)を除く

青森県の取組

社会保障・税番号制度推進委員会

社会保障・税番号制度の活用を通じた県民の利便性の向上及び行政運営の効率化に県が一体となって取り組むため、平成26年6月に知事を委員長とし、全ての部局長等で構成する委員会を設置しました。 社会保障・税番号制度の活用を通じた県民の利便性の向上及び行政運営の効率化に県が一体となって取り組むため、平成26年6月に知事を委員長とし、全ての部局長等で構成する委員会を設置しました。

社会保障・税番号制度市町村等連絡会議

社会保障・税番号制度の導入へ確実かつ効率的に対応するため、制度に関する情報共有を図るとともに、相互に支援し合う体制を構築することを目的に、平成26年5月に県内市町村や一部事務組合等で構成する連絡会議を設置しました。

特定個人情報保護評価(PIA)制度

特定個人情報保護評価制度とは、特定個人情報ファイル(個人番号を含む個人情報データベースなど)を保有しようとする又は保有する場合は、個人のプライバシー等の権利利益に与える影響を予測した上で、特定個人情報の漏えいその他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講ずることを評価書により宣言することです。

諸外国で採用されているプライバシー影響評価(Privacy Impact Assessment:PIA)に相当するもので、番号法でその実施が義務付けられています。
青森県が特定個人情報保護評価を実施した事務数は以下のとおりです。

○ 青森県知事部局:19 
○ 青森県教育委員会:4

公表している評価書については、下記リンクから確認することができます。

社会保障・税番号制度に関わる条例・規則

マイナンバー 出前トーク

県民の方々からの申込みを受けて、各種研修会や集会などに職員が出向き、マイナンバーについての情報提供等を行っています。
テーマ:マイナンバー(社会保障・税番号)制度ってなに?

<出前トーク実績>
・平成27年度 14回
・平成28年度 4回 
・平成29年度 0回
・平成30年度 2回

出前トークの利用について

 ・職員が出張するための経費は無料です。
 ・土・日・祝日・夜間でも対応可能です。
 ・利用を希望される場合は、あらかじめお問い合わせ・ご相談ください。
 ・詳細については、こちら(広報広聴課のページに移動)をご覧ください

この記事についてのお問い合わせ

行政経営課 自治体IT推進グループ
電話:017-734-9163  FAX:017-734-8036

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度