ホーム > しごと・産業 > 農業(りんご、特産果樹) > りんごの流通:貯蔵

更新日付:2019年 6月13日 りんご果樹課

りんごの流通:貯蔵

 青森りんごは、収穫後、鮮度を保つために冷蔵庫等で貯蔵することから、長期間にわたって出荷することができます。
 県内には773棟の貯蔵施設があり、収容能力は約37万トンとなっています(平成29年10月末現在)。
 出荷されるりんごは、光センサー選果機により、大きさや形、着色の程度や糖度、蜜入りなど、それぞれの規格に分けられます。
 また、青森県には、りんごを冷却するだけではなく、同時に呼吸作用を調整し、鮮度を長期間保つことができる「CA貯蔵」があり、平成29年現在、貯蔵収容能力の約45%を占めています。
  • りんごの選果機
CA貯蔵とは?
 “Controlled Atmosphere Storage”の略で、空気組成を人為的に調整して低温で管理し、りんごの呼吸を抑制するもので、空気中に21%含まれる酸素を1.8~2.5%に下げ、0.04%含まれる炭酸ガスを1.5~2.5%に高めて、0℃程度でりんごを貯蔵します。
 この方法により、1年中新鮮なりんごを楽しむことができます。

この記事についてのお問い合わせ

りんご果樹課・流通加工グループ
電話:017-734-9491  FAX:017-734-8143

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度