ホーム > しごと・産業 > 農業(りんご、特産果樹) > りんごの加工:青森りんごの加工

更新日付:2021年4月22日 りんご果樹課

りんごの加工:青森りんごの加工

りんごの加工は、りんごの付加価値を高めるとともに、生果りんごの価格維持という大切な役割を担っており、りんご産業にとって重要な位置を占めています。
青森県には、りんごの加工場が大小合わせて70施設以上あり、様々な加工品の開発や製造に取り組んでいます。

加工原料用りんごの使用実績

 平成元年産りんごの加工原料処理量は、71,206トンで生産量の17%に当たります。また、原料のうち85%が果汁に加工されています。
果汁以外の主な加工品としては、プレザーブなどの缶詰、シードルなどの果実酒、ジャム、スナック菓子などがあります
グラフ:りんごの加工原料処理割合(令和元年産)

りんごジュースができるまで

 青森県のりんご果汁は、美しい自然の中で太陽の恵みをいっぱいに受けて育ったみずみずしいりんごを原料に作られ、乳児からお年寄りまで幅広く好まれています。
 搾った後に濃縮して貯蔵し、製品化する際に水分を加えて元の濃度に戻す「濃縮還元果汁」と、搾ったものをそのまま製品化する「ストレート果汁」があり、食味や風味の面で「ストレート果汁」の人気が高くなっています。

この記事についてのお問い合わせ

りんご果樹課・流通加工グループ
電話:017-734-9491  FAX:017-734-8143

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度