ホーム > しごと・産業 > 農業(りんご、特産果樹) > りんごの品種

更新日付:2014年5月27日 りんご果樹課

りんごの品種

りんごの品種は、世界中で約15,000種類、日本では約2,000種類もあります。
県りんご試験場では約300種、県内では約50種が栽培されています。
市場に出荷されているのは約40種類ですが、代表的なりんごを紹介します。
あなたは、いくつ知っていますか?

8月の品種(極早生種)

夏緑(なつみどり)、しおりの詩(うた)、恋空(こいぞら)、祝(いわい)

9月の品種(早生種)

きおう、未希(みき)ライフ、さんさ、つがる、彩香(さいか)

10月の品種(中生種)

トキ、千秋(せんしゅう)、北紅(きたくれない)、紅玉(こうぎょく)、スターキング・デリシャス、世界一(せかいいち)、ジョナゴールド、千雪(ちゆき)、北斗(ほくと)、早生ふじ、陸奥(むつ)、星の金貨(ほしのきんか)

11月の品種(晩生種)

シナノゴールド、王林(おうりん)、ふじ、金星(きんせい)、春明21(しゅんめい21)

りんごの品種改良

りんごの品種改良、遺伝子診断による親子鑑定

なつかしの品種

国光(こっこう)、印度(いんど)

この記事についてのお問い合わせ

りんご果樹課・生産振興グループ
電話:017-734-9492  FAX:017-734-8143

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度