ホーム > しごと・産業 > 森林・林業 > 県有施設における「木材利用事例」と「木質バイオマス関連施設」について

更新日付:2015年3月31日 林政課

県有施設における「木材利用事例」と「木質バイオマス関連施設」について

県有施設における木材利用事例

 県では、県有施設における木造化や内装の木質化等を促進し、「県産材」の需要拡大に取り組んでいます。
 これまでの県有施設における木材利用の状況をご紹介しますので、参考にしていただき、積極的に「県産材」を利用していただくようお願いします。

 ~県有施設における木材利用状況~ PDFファイル 118KB

県有施設における木質バイオマス関連施設

 本県は森林が県土面積の約3分の2を占め、戦後植林した森林資源が成熟期を迎えていることから、豊富な木質バイオマス資源に恵まれています。
 そこで、県では木質バイオマスエネルギーの利用拡大を図るため、ストーブやボイラー等の木質バイオマス利用施設の導入を図っています。

 ~県有施設における木質バイオマス関連施設~ PDFファイル 65KB

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

林政課林産振興グループ
電話:017-734-9517  FAX:017-734-8145

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度