ホーム > プレスリリース > 2021年 03月 > 思わず発信したくなる! 発信者目線での空間・仕掛け演出モデル創出」を2件実施しました

更新日付:公開日:2021年3月31日

思わず発信したくなる! 発信者目線での空間・仕掛け演出モデル創出」を2件実施しました

内容

県では今年度、観光関連施設において、簡易な仕掛けやしつらえ等の改良を施すことにより、施設を
利用する観光客の皆様が「思わずSNSで発信したくなる!」ような空間・仕掛け演出モデル創出のため
の取組を2件実施、展開したのでお知らせします。


1.モデルケース概要

(1)太宰治記念館「斜陽館」

館内の「だざい文庫カフェ」スペースにおいて、同館や市が元々所有・保管していた、現在は使用し
ていない古家具や物品等を修理・再活用し、それらを空間内に設置。
併せて、本施設が新たに実施する企画展に合わせたフォトスペースを新設しました。

(2)浅虫温泉「辰巳館」

館内2階山手側の廊下窓に、ねぶた師竹浪比呂央氏監修による、ねぶたの技法を用いた新たなアート
作品「ステンドねぶた※:カタクリ咲く湯ノ島と龍神さま」を設置しました。

※「ステンドねぶた」とは、ねぶたの技法を用いて、紙に絵を描き、太陽や建物内の照明等の光を通
すことですことで、ステンドグラスのような効果が得られる新たなアート作品です。


2.関係者等

(太宰治記念館「斜陽館」関連)
〇文化財施設所管 県文化財保護課
〇施設管理者 五所川原市教育委員会
〇指定管理者・企画展実施 NPO法人かなぎ元気倶楽部
〇アートディレクション グリュノワ 伊藤真悟氏(鶴田町)

(浅虫温泉「辰巳館」関連)
〇企画・構成 竹浪比呂央ねぶた研究所
〇原画・監修 竹浪比呂央氏
〇制作 手塚茂樹氏

日程

2021年03月31日

場所

太宰治記念館「斜陽館」、浅虫温泉「辰巳館」

お問い合わせ

観光企画課
まるごとあおもり情報発信グループ
工藤・木村・唐牛
017-734-9389

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度