ホーム > プレスリリース > 2021年 03月 > 公益財団法人核物質管理センター六ケ所保障措置センターで火災が発生しました

更新日付:公開日:2021年3月16日

公益財団法人核物質管理センター六ケ所保障措置センターで火災が発生しました

内容

公益財団法人核物質管理センター六ケ所保障措置センターから以下のとおり連絡を受けたのでお知ら
せします。



1 発見日時
令和3年3月16日(火) 10時40分頃

2 発生場所
六ケ所保障措置分析所 保障措置第2分析室(日本原燃(株)再処理事業所分析建屋地下2階)

3 発生事象
・作業員2名が分析作業中に、六ヶ所保障措置分析所保障措置第2分析室低放射性グローブボックス
No.4内の廃棄物容器から出火しているのを10時40分頃に発見したため、直ちに公設消防へ通報す
るとともに初期消火を開始し、11時50分に初期消火を完了した。その後、14時13分に公設消
防により鎮火が確認された。なお、出火の原因は調査中である。
・出火した廃棄物容器は塩化ビニル製であり、サイズは約10Lである。焼損した範囲は約40cm✕40cm
であった。なお、当該グローブボックスではプルトニウム(約10mg)とウラン(約100mg)の混合物
を取扱中(プルトニウムとウランの分離作業の準備中)であった。
・初期消火に際し、職員2名に身体汚染(表面汚染でα:最大0.1Bq/cm2)が確認されたため、除染を
行った(内部被ばくなし)。また、当該グローブボックスの前の床面及びその周辺に軽微な汚染(α:
最大1.4Bq/cm2)が確認されたため養生を行った(今後除染を行う予定である)。
・室内ダストモニタ、排気ダストモニタ及びモニタリングポストの測定値に変動はなく、本事象によ
る周辺環境への影響はなく、また負傷者もなし。

4 県への第1報
3月16日(火)11時01分 FAXで第1報

5 県の対応
原子力センター職員を現地に派遣し、状況を確認するとともに、今回の事象に対し講じた措置等につ
いて、連絡を求めることとした。

日程

2021年03月16日

添付資料

お問い合わせ

原子力安全対策課
安全対策グループ
課長代理 熊沢晋家
017-734-9253

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度