ホーム > プレスリリース > 2020年 04月 > 令和元年度青森空港・三沢空港利用状況を作成しました

更新日付:公開日:2020年4月22日

令和元年度青森空港・三沢空港利用状況を作成しました

内容

令和元年度の青森空港の利用者数は1,195,470人、三沢空港の利用者数は297,372人と確定したので
お知らせします。

○青森空港の利用概況
青森空港利用者数は5年連続100万人超え
令和元年度の青森空港の国内・国際線定期路線の利用者数は1,190,409人となり、平成30年度の利用
者数と比較して5,861人減少した(0.5%減)。
チャーター便の利用者数を加えた青森空港の総利用者数は1,195,470人となり、平成30年度と比較し
て14,872人減少した(1.2%減)ものの、5年連続で100万人を超えた。

○定期路線の概況
1 東京線
東京線の利用者数は577,753人、利用率は81.1%となった。

2 札幌線
札幌線の利用者数は161,740人(JAL108,746人、ANA52,994人)、利用率は59.2%(JAL63.8%、
ANA51.7%)となり、平成30年度の利用者数と比較し1,198人増加した。

3 大阪線
大阪線の利用者数は260,400人(JAL152,685人、ANA107,715人)、利用率は72.5%(JAL75.7%、
ANA68.4%)となり、平成30年度の利用者数と比較して4,303人増加した。

4 名古屋線
名古屋線の利用者数は129,213人、利用率は61.7%となり、平成30年度の利用者数と比較して
10,388人増加した。平成23年の就航以降初の夏期全期間における1日4往復運航等により、利用者数は
FDA就航以来最高となった。

5 神戸線
令和2年3月29日に就航した神戸線の利用者数は212人、利用率は44.9%となった。

6 ソウル線
ソウル線の利用者数は27,583人、利用率は66.3%となった。

7 台北線
令和元年7月17日に週2便運航で就航し、11月2日から週5便に増便して運航された台北線の利用者数は
33,508人、利用率は79.2%となった。

○チャーター便
国内チャーター便の利用者数は3,106人、国際チャーター便(台湾、ベトナム)の利用者数は1,955人
となった。

○三沢空港の利用概況
利用者数、利用率ともに過去10年で最高
令和元年度の三沢空港の利用者数は297,372人となり、平成30年度の利用者数と比較して8,297人増
加した(2.9%増)。全ての路線で昨年度の利用者数を上回り、総利用者数は過去10年で最高となっ
た。

日程

2020年04月22日

お問い合わせ

交通政策課
航空グループ
稲田総括主幹、梅田主事
017-734-9153

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度