ホーム > プレスリリース > 2020年 01月 > 青森県が東京2020大会記念品プロジェクトに参画しました

更新日付:公開日:2020年01月30日

青森県が東京2020大会記念品プロジェクトに参画しました

内容

青森県は2019年5月に、東京都及び公益財団法人オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
(以下「組織委員会」という)が募集を行った東京2020大会記念品プロジェクトに応募し、実行委員
会メンバーに参画し、そしてこのたび県内の工芸品が記念品となることを下記のとおり報告いたしま
す。

1 プロジェクトの概要
(1)名称
東京2020大会記念品プロジェクト
(2)趣旨
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機として、オールジャパンで日本の伝統工芸品
の魅力を世界に広く発信するとともに、その一層の普及と持続的な振興を図る。
(3)実施主体
東京2020大会記念品プロジェクト実行委員会(以下「実行委員会」という)
※本県、その他46都道府県及び組織委員会が、2019年10月に実行委員会を設置
※事務局:東京都産業労働局、組織委員会総務局
(4)内容
実行委員会は、IOC委員・IPC理事・国際競技団体役員・各国オリンピック委員会役員・各国パ
ラリンピック委員会役員・国家元首など、東京2020大会関係者(約1,200名程度)に対して伝統工芸
品等(全95品目)を贈呈します。
(5)今後
2020年7月頃の贈呈に向け、準備を進めていきます。

2 青森県から提供する品目名及び種類
津軽塗「ぐい呑み2個セット」

「津軽塗」は、青森県津軽地域で江戸時代から受け継がれてきた、約50もの工程と2か月以上の日数を
費やして生み出される堅牢優美な漆器です。津軽塗の代表的な技法である「唐塗」は漆を塗っては乾
かし、それを研ぐという工程を繰り返すことで、独特な斑点模様を生み出します。

日程

2020年01月30日

添付資料

お問い合わせ

地域産業課
地域資源活用推進グループ
GM小橋弘子、福原和実
017-734-9375

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度