ホーム > プレスリリース > 2019年 12月 > 「もったいない!料理は食べきる強化月間」を実施します

更新日付:公開日:2019年12月2日

「もったいない!料理は食べきる強化月間」を実施します

内容

わが国における平成28年度の食品ロスは約643万トン、そのうち、外食産業における食品ロスは約
133万トンであり、全体の約5分の1を占めています。
一方、本県の平成29年度における1人1日当たりのごみ排出量は1,002gと、基準年度である平成25
年度と比較して改善しているものの、全国値と比較するとまだ開きがあり、ごみ排出量の継続的な改
善を図っていくためには、外食産業の中でも特に食品ロスが多い宴会時における食べ残しの削減に重
点的に取り組む必要があります。
このため、宴会の機会が多い12月から1月までの2か月間、乾杯後の30分間とお開き前の10分間に自
席で料理を食べる時間を設ける、3010(さんまるいちまる)運動の実践による宴会料理の食べ残し削
減と、併せて家庭における食品ロスの削減を目的として、「もったいない!料理は食べきる強化月
間」を実施します。

日程

2019年12月02日

お問い合わせ

環境政策課
循環型社会推進グループ
主事 小川あん
017-734-9249

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度