ホーム > プレスリリース > 2019年 01月 > 三沢基地所属F-16戦闘機の青森空港への緊急着陸に対し申入れをしました

更新日付:公開日:2019年1月14日

三沢基地所属F-16戦闘機の青森空港への緊急着陸に対し申入れをしました

内容

本日13時18分、飛行中の米軍三沢基地所属F-16戦闘機が、機体の不具合により青森空港に緊急着陸す
るという事案が発生しました。
F-16戦闘機は、これまでも、平成27年4月の青森空港への緊急着陸、昨年2月の小川原湖への燃料タン
ク投棄など、県民生活に大きな影響や不安を与えてきており、県としては、今回の機体の不具合によ
る緊急着陸についても、米軍機に対する県民の不安感、不信感を増幅させ、三沢基地が所在する三沢
市周辺の住民をはじめとする県民に大きな不安を与えるものであると受け止めています。
よって、速やかに原因究明を行い、再発防止に万全の措置を講ずるよう、米軍三沢基地司令官及び東
北防衛局長に対し申し入れをしました。

日程

2019年01月14日

お問い合わせ

防災危機管理課
総務・復興グループ
気田グループマネージャー
017-734-9089

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度