ホーム > プレスリリース > 2018年 08月 > 特産果樹生産情報第5号を発表しました

更新日付:公開日:2018年8月1日

特産果樹生産情報第5号を発表しました

内容

ーーーーーーーーーーーーーーー
夏季管理の徹底と適期収穫を!
夏場の病害虫防除を万全に!!
ーーーーーーーーーーーーーーー

要 約
〇露地ぶどうは、適正着果及び過繁茂防止に努める。
〇無加温ハウスぶどうは、品種特有の着色や糖度などで総合的に判断し、適期収穫に努める。
〇ももは、果実の着色や地色の抜け、手触りなどで総合的に判断し、適期収穫に努める。また、せん
孔細菌病では、新梢に発生する夏型枝病斑は伝染源となるので、速やかに枝ごと切り取って処分す
る。
〇ももやなしでは、樹冠内部へ日光を入れるため、徒長枝の整理や支柱入れ、枝吊りを行う。なお、
果実に日焼けが発生しないように注意する。
〇シンクイムシ類、カメムシ類、ハダニ類や西洋なしの黒斑病、輪紋病など病害虫の発生動向に十分
注意し、適正な防除に努める。
〇台風等に備え、風害防止対策を万全にする。

日程

2018年08月01日

添付資料

お問い合わせ

りんご果樹課
生産振興グループ
小松総括主幹
017-734-9492

この記事をシェアする

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする

フォローする

  • facebookでフォローする
  • twitterでフォローする