ホーム > プレスリリース > 2017年 07月 > 稲作生産情報第4号(要約)を発行しました

更新日付:公開日:2017年7月21日

稲作生産情報第4号(要約)を発行しました

内容

稲作生産情報第6号(要約)

生育は平年並に回復!出穂期は8月上旬の見込み!
穂ばらみ期の水管理をしっかり行おう!
いもち病や斑点米カメムシ類の防除を徹底しよう!

1出穂期の見通し
県内の出穂期は、「つがるロマン」は8月3日〜6日頃、
「まっしぐら」は8月6日〜12日頃と予想される。

2水管理
(1)穂ばらみ期
日平均気温20℃以下、または最低気温17℃以下になると予想される場合は、
15〜20程度の深水管理を徹底する。
入水の際は、水田水温が急激に低下しないよう徐々に深水とする。
高温が続く場合は、根の老化を防止するため、4程度の浅水管理とし、
時々の水の入換えを行う。

(2)出穂・開花期
出穂後10日間は最も水を必要とするので、5〜6程度の水深を保つ。
日平均気温20℃以下の低温が続く場合は、10程度の深水にして保温する。
高温の場合は、根の老化を防止するため、時々水の入換えや掛け流しを行う。

(3)登熟期
低温(最低気温15℃以下)が予想される場合は、10程度の深水にする。
高温の場合は、2〜3程度の浅水とし、落水をなるべく遅くし水を与える。
湿田や秋落田では、根の老化を防止するため、
掛け流しや土壌に軽く亀裂が入る程度の間断かんがいを行う。

(4)落水時期
湿田では出穂後20〜25日、乾田では出穂後30〜35日を目安に落水する。

3病害虫防除
(1)いもち病
葉いもちの早期発見・早期防除に努め、穂いもちの予防防除を行う。

(2)斑点米カメムシ類
アカヒゲホソミドリカスミカメ、アカスジカスミカメともに、
気温が高いと本田の発生量が多くなるため、適期防除を徹底する。
出穂間近の畦畔などの草刈りは斑点米カメムシ類を水田に追い込むので行わない。
やむを得ず、出穂後に畦畔などの草刈りを行う場合は、
水田に散布する殺虫剤の特性に合わせて行う。

(3)薬剤散布上の注意
クリーンライスや特別栽培米などはそれぞれ定めた農薬の使用計画を確認し、
その範囲内で使用する。
散布の際は、近隣の大豆、野菜、ホールクロップサイレージ(WCS)用イネなどの
農作物に飛散しないよう十分注意する。
農薬を使用した水田では、防除効果の安定と水質汚染防止のため、
散布後7日間は落水や掛け流しは行わない。

(4)農薬による蜜蜂への危害防止
薬剤散布前に周辺の養蜂業者に防除計画を知らせるなど、積極的に情報交換を行う。
蜜蜂を放飼している地域周辺(蜜蜂の行動範囲は巣箱から2km程度とされている)では、
農薬ラベルに蜜蜂に対しての毒性を示す「ハチ巣箱への散布禁止マーク」のついた
農薬の使用を避ける。

日程

2017年07月21日

関連ホームページ

添付資料

お問い合わせ

農産園芸課
稲作振興グループ
月沢主査
017-734-9480

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度