ホーム > プレスリリース > 2017年 07月 > 平成29年畜産生産情報第4号を発行しました

更新日付:公開日:2017年7月7日

平成29年畜産生産情報第4号を発行しました

内容

平平成29年7月7日
畜産生産情報 第4号
青森県「攻めの農林水産業」推進本部

◎全国和牛能力共進会宮城大会で上位入賞を目指そう。
◎家畜伝染病の防疫対策にしっかりと取り組もう。
◎公共牧場の有効活用と自給飼料の安定確保を進めよう。



◇ 乳用牛 〜夏季の飼育管理〜
牛舎で送風機を利用する場合は、牛体に風が直接当たるように設置する。ウォーター
カップ等の飲水設備は常に清潔にし、十分な飲水量が確保できるようにする。また、暑熱
による日中の採食量の低下を防ぐために、夜間の涼しい時間帯に給与量を増やすことも効
果的である。TMRを給与する場合、2次発酵による嗜好性の低下を避けるため、給与回
数を増やす。

◇ 肉用牛 〜夏季の飼育管理〜
暑熱による採食量の低下を防ぐために、飼料は夜間や複数回に分けて給与する。飼料や水
が変敗しないように、飼槽や水槽は常に清潔にする。また、牛舎内の資材は片づけるなど
して、通風を妨げないようにする。

◇ 豚 〜夏季の飼育管理〜
窓の開放や送風機などにより、豚舎内の温度管理と換気に注意する。ただし、子豚には送
風機などの風が直接当たらないようにする。種雄豚との交配はできるだけ涼しい時間帯に
行う。

◇ 鶏 〜夏季の飼育管理〜
鶏舎の風通しを良くするとともに、屋根への散水や日よけの設置などを行う。また、
採食量の低下を防ぐために、夜間に点灯して給餌を行うことも効果的である。

◇ 草地・飼料作物 〜2番草の収穫と草地更新〜
1 2番草の刈遅れは、収量及び品質の低下が著しく、3番草の伸長不足にもつながるの
で、刈取適期を逃さないよう特に注意する。
2 計画的に草地更新を行い、生産力の回復に努める。更新前には土壌診断を行い、その
結果に基づいた土壌改良を行う。

日程

2017年07月07日

お問い合わせ

畜産課
経営支援グループ
元山 友歌
017-734-9496

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度