ホーム > プレスリリース > 2017年 07月 > 高病原性鳥インフルエンザ発生農場(1例目)において家きんの飼育再開が可能となりました

更新日付:公開日:2017年7月10日

高病原性鳥インフルエンザ発生農場(1例目)において家きんの飼育再開が可能となりました

内容

平成29年7月10日(月)から発生農場(1例目)における家きんの飼育再開が可能となりま
したので、別添のとおりお知らせします。

日程

2017年07月10日

添付資料

お問い合わせ

畜産課
衛生・安全グループ
村井総括主幹
017-734-9498

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度