ホーム > プレスリリース > 2017年 07月 > 第4回奥入瀬渓流の利活用に関するワークショップを開催します

更新日付:公開日:2017年7月5日

第4回奥入瀬渓流の利活用に関するワークショップを開催します

内容

国道103号奥入瀬(青橅山)バイパスは、国で整備を進めておりますが、バイパス開通
後は現在奥入瀬渓流に平行している国道を通っている一般車両をバイパスへと迂回させ、
渓流内へ乗り入れる車両を限定して、自然保護と観光利用(良好なエコツーリズム環境の
創出)の両立を図ることを目標にしています。
この度、奥入瀬渓流の「将来あるべき姿」や「地域の目指す姿」の実現のために、奥入瀬
渓流の自然保護及び道路をどう活用するのか、その方向性を検討するため、地域の皆様の
率直なご意見を伺う機会として、『第4回奥入瀬渓流の利活用に関するワークショップ』
を開催します。

日程

2017年07月06日14時30分〜16時30分

場所

奥入瀬渓流館

添付資料

お問い合わせ

道路課
整備推進グループ
田中グループマネージャー
017-734-9651

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度