ホーム > プレスリリース > 2017年 07月 > 稲作生産情報第5号を発行しました

更新日付:公開日:2017年7月5日

稲作生産情報第5号を発行しました

内容

稲作生産情報第5号(要約)

生育は全般に回復傾向!
適切な水管理で幼穂の保温と根の老化防止に努めよう!
適正追肥で食味・品質にブレのないお米を生産しよう!

1生育状況と生育の見通し
6月30日現在の生育は、「つがるロマン」は草丈がやや短く、茎数及び葉数がほ平年並、
「まっしぐら」は草丈が短く、茎数及び葉数が少なかった。
葉数からみた生育は、「つがるロマン」がほぼ平年並、「まっしぐら」が
やや遅れてるものの、生育は回復傾向にあり、概ね順調である。

今後、気温が平年並に推移した場合、
県内の幼穂形成期は「つがるロマン」が7月12〜18日頃、
「まっしぐら」が7月10〜21日頃と予想される。

2水管理
中干しは幼穂形成期までには終える。
中干し中に低温が続くことが予想される場合直ちに入水し、
水深5〜6cm程度で稲を保温する。
充実した花粉の数を増加させるため、幼穂形成期から10日間は、
気温の高低に関なく水深10程度の「幼穂形成期深水かんがい」を行う。
穂ばらみ期は低温に最も弱い時期なので、
「幼穂形成期深水かんがい」終了後に
平均気温20℃以下、最低気温17℃以下の低温が予想される場合は、
15〜20cm程度深水管理を徹底し、幼穂を保温する。
高温が続く場合は、4程度の水深にして、時々水の入換えを行い、
根の老化防止努める。

3追肥
幼穂形成期(主茎の幼穂長2mm)を確認し、葉色の低下を確認して、
稲の生育に合せて無理のない追肥を行う。
幼穂形成期の葉色が濃い場合は、減数分裂期(幼穂形成期後10日)までに
葉色の下を確認してから追肥する。
減数分裂期を過ぎてからの追肥は、食味の低下を招くの行わない。

4病害虫防除
斑点米カメムシ類の発生密度を抑制するため、
7月中旬までに畦畔や水田周辺の雑地などの草刈りを地域ぐるみで行う。
補植用の苗は葉いもちの発生源となるので速やかに処分する。

日程

2017年07月05日

関連ホームページ

添付資料

お問い合わせ

農産園芸課
稲作振興グループ
月沢主査
017-734-9480

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度