ホーム > 生活・環境 > 環境・エコ > 海洋プラスチック等の発生抑制に取り組む民間団体に補助を行いました!【令和2年度の募集は終了しました】

更新日付:2021年2月26日 環境政策課

海洋プラスチック等の発生抑制に取り組む民間団体に補助を行いました!【令和2年度の募集は終了しました】

 近年、アジア各国の輸入規制の拡大による国内のプラスチックごみの滞留や、海洋へのプラスチックごみの流出などの地球規模での環境汚染が問題となっています。
 このため、県では、令和2年度から「プラスチックごみ対策強化事業」を実施し、プラスチックごみ削減の普及啓発を実施しています。
 本事業の一環として、海洋プラスチック等の発生抑制対策を実施する民間団体等に補助金を交付し、活動を支援しています。
今年度の補助事業実施団体は、下記のとおりです。

ベイ・クリーンアッププロジェクト実行委員会、みちのくコカ・コーラボトリング株式会社、NPO法人青森県環境パートナーシップセンター

 ベイ・クリーンアッププロジェクト実行委員会、みちのくコカ・コーラボトリング株式会社及びNPO法人青森県環境パートナーシップセンターの3団体が主催し、青森市浅虫海岸において「サンセットビーチあさむし清掃活動」を行いました。


サンセットビーチあさむし清掃活動

  • 日時 令和2年11月14日(土)10:00~12:00
  • 場所 サンセットビーチあさむし、「道の駅」浅虫温泉ゆ~さ浅虫4階会議室
  • 主催 ベイ・クリーンアッププロジェクト実行委員会、みちのくコカ・コーラボトリング株式会社、NPO法人青森県環境パートナーシップセンター
  • 参加者 県内の中学生・高校生
  • 内容
    10:00~11:00 清掃活動(サンセットビーチあさむし)
    11:20~12:00 プラスチックごみ削減とペットボトル資源についての講演(ゆ~さ浅虫4階会議室)
R2_清掃_BCP
 サンセットビーチあさむしにて、海岸清掃を行いました。
 缶やびん、ペットボトルなどのプラスチックごみが海岸に散乱しており、参加者は袋一杯になるまでごみを拾っていました。
R2_講演_BCP
 プラスチックごみ削減と、ペットボトル資源に係る講演を行いました。
 環境中に不適正に排出されるプラスチックごみが海にもたらす影響について当課職員から説明したのち、みちのくコカ・コーラボトリング株式会社から、水資源を守るための植樹活動と、日本国内のペットボトルリサイクル率は84.6%と欧米諸国に比べて高い水準であること、2030年までに世界で販売する製品の販売量に相当する缶・PET容器をすべて回収・リサイクルする「容器の2030年ビジョン」等について説明がありました。

日本たばこ産業株式会社(JT)青森支店

 日本たばこ産業株式会社青森支店では、パートナーシップを基盤に地域に向き合う「Rethink PROJECT 」の一環として、青森市浅虫海岸において「Rethink あおもり in 浅虫海岸」を開催しました。
※「視点を変える」をキーワードに、パートナーシップで地域に貢献することを企図した日本たばこ産業株式会社のプロジェクト。



Rethink あおもり in 浅虫海岸

  • 日時 令和2年11月16日(月)10:00~12:00
  • 場所 「道の駅」浅虫温泉ゆ~さ浅虫4階会議室、サンセットビーチあさむし
  • 主催 日本たばこ産業株式会社青森支店
  • 参加者 県内の大学生・社会人
  • 内容
    10:00~11:10 地域の歴史・プラスチックごみ削減、日本たばこ産業株式会社の環境保全についての講演(ゆ~さ浅虫4階会議室)
    11:30~12:00 海岸清掃、ごみ拾いアプリ「ピリカ」によるSNS発信(サンセットビーチあさむし)
R2_講演_JT
 浅虫温泉の歴史・プラスチックごみの削減と、JTグループの環境保全に係る講演を行いました。
 地域の歴史と、環境中に不適正に排出されるプラスチックごみが海にもたらす影響について当課職員から説明したのち、日本たばこ産業株式会社から、JTグループの社会貢献活動として、マルチステークホルダー・パートナーシップを基盤に、SDGsが掲げる17の目標のうち、「格差是正」「災害分野」「環境保全」に重点的に取り組むこと、「環境保全」の取組として実施する清掃活動が抱える「世間から見られない」という問題点、その問題点を解決するためのごみ拾い活動発信アプリ「ピリカ」の活用について、説明がありました。
R2_清掃_JT
 サンセットビーチあさむしにて、海岸清掃を行いました。
 缶やびん、ペットボトルなどの様々なごみを拾い、ごみ拾いアプリ「ピリカ」にて、清掃活動の様子や拾ったごみについてSNS上に発信しました。

令和2年度青森県海洋プラスチック等発生抑制対策事業費補助金

  • 募集期間
    令和2年8月26日(水)~11月5日(木)
    ※令和2年度の募集は終了しました。

今年度の補助金の概要は以下のとおりです。

補助対象となる事業の内容

ア 海洋プラスチック等の発生抑制に係る県民への普及・啓発
イ アの普及・啓発の一環として実施する海洋プラスチック等の回収・処理
※アのみ、またはアとイの両方を実施

補助対象者

民間団体等(国及び地方公共団体以外の団体) 計2団体

補助金の額

補助金の交付の対象となる経費の2分の1に相当する額または15万9千円のいずれか低い額

補助金の交付の対象となる経費

人件費、謝金、旅費、消耗品費、印刷製本費、通信費、手数料、保険料、委託料、使用料及び賃借料

交付要綱及び実施要領

チラシ

プラスチックごみを減らしましょう!

 県内におけるプラスチックごみの削減及び資源循環に向けた一人ひとりの行動をより一層促進するため、令和2年5月20日に「あおもりプラごみゼロ宣言」を行いました。

詳細は、下記URLをご覧ください。
http://www.pref.aomori.lg.jp/nature/kankyo/aomori-plagomi-zero.html

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

環境政策課 循環型社会推進グループ
電話:017-734-9249  FAX:017-734-8065

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度