ホーム > 生活・環境 > 環境・エコ > (仮称)ノソウケ峠風力発電事業に係る環境影響評価計画段階環境配慮書に対する意見の概要

更新日付:2015年12月2日 環境保全課

(仮称)ノソウケ峠風力発電事業に係る環境影響評価計画段階環境配慮書に対する意見の概要

計画段階環境配慮書

審査会意見
  • 事業実施想定区域及びその周囲は、オオタカなどの猛禽類の生息地及びガン、ハクチョウ類などの渡り鳥の通過地となっている可能性がある。これら鳥類に対する重大な影響を回避又は低減するため、生態特性を把握した上で十分な調査を行う必要があることから、地元の複数の専門家等から意見聴取し、鳥類に係る調査、予測及び評価を適切な手法により行い、その結果に基づき、風力発電設備の配置等について検討すること。
  • 事業実施想定区域の周囲には、主要な眺望点及び人と自然との触れ合いの活動の場である階上岳、階上岳登山道及び階上岳に関連する施設等が存在し、風力発電設備を建設することにより、これらの眺望点からの眺望及び人と自然との触れ合いの活動の場に重大な影響を及ぼすおそれがあることから、事業計画の具体的な検討に当たっては、階上岳等に係る景観及び人と自然との触れ合いの活動の場について調査、予測及び評価を適切な手法により行い、その結果に基づき、風力発電設備の配置等を検討すること。
  • 事業実施想定区域及びその周囲における動植物の生息又は生育状況について、情報の把握が不足していることから、適切な文献資料調査及び地元の専門家等から意見聴取を行った上で、動植物に対する影響について適切な手法により調査、予測及び評価を行うこと。
知事意見
  • 事業実施想定区域及びその周囲は、オオタカなどの猛禽類の生息地及びガン、ハクチョウ類などの渡り鳥の通過地となっている可能性がある。これら鳥類に対する重大な影響を回避又は低減するため、生態特性を把握した上で十分な調査を行う必要があることから、地元の複数の専門家等から意見聴取し、鳥類に係る調査、予測及び評価を適切な手法により行い、その結果に基づき、風力発電設備の配置等について検討すること。
  • 事業実施想定区域及びその周囲における動植物の生息又は生育の状況について、情報の把握が不足していることから、適切な文献資料調査及び地元の専門家等からの意見聴取を行った上で、動植物に対する影響について適切な手法により調査、予測及び評価を行うこと。
  • 事業実施想定区域の周囲には、階上岳を中心とした三陸復興国立公園が存在し、階上岳は、その山頂から太平洋、八甲田連峰、北上山地の山々が眺望できる重要な眺望点であるほか、人と自然との触れ合いの活動の場である階上岳登山道及び階上岳に関連する施設等も存在する。風力発電設備を建設することにより、これらの眺望点からの眺望及び人と自然との触れ合いの活動の場に重大な影響を及ぼすおそれがあることから、事業計画の具体的な検討に当たっては、階上岳等に係る景観及び人と自然との触れ合いの活動の場について調査、予測及び評価を適切な手法により行い、その結果に基づき、風力発電設備の配置等を検討すること。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

環境保全課 水・大気環境グループ
電話:017-734-9242  FAX:017-734-8081

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度