ホーム > 生活・環境 > 環境・エコ > もったいない・あおもり県民運動推進フォーラム

更新日付:2013年3月27日 環境政策課

もったいない・あおもり県民運動推進フォーラム

もったいない・あおもり県民運動推進フォーラム

もったいない・あおもり県民運動の輪をさらに広げていくため、子どもから大人まで楽しみながら、ごみの減量やリサイクル、省エネルギーなどについて考えるフォーラムを開催しました。

◆ 平成24年度開催

 1 日時 平成24年11月11日(日) 13:00~15:30
 2 場所 きざん八戸(八戸市)
 3 内容
 平成24年11月11日(日)、きざん八戸において、 「もったいない・あおもり県民運動」推進フォーラム を開催しました。

 フォーラムには、約180人の県民の方が参加しました。
新「もったいない・あおもり県民運動」推進フォーラムちらし

フォーラム内容

1 開会挨拶(環境生活部環境政策課長)
2 発表
 (1)みんなで一緒にエコリサイクル
    八戸市立第三中学校 生徒会   
 (2)地域環境への取組事例について
    株式会社河原木電業 取締役統括部長 河原木琢也 氏
3 特別講演    
   講師  お天気キャスター・気象予報士 森田正光 氏
   演題  異常気象と環境問題
  • 挨拶 環境生活部環境政策課長
    挨拶 環境生活部環境政策課長 濱谷雅人
  • 取組事例発表 八戸第三中
    「みんなで一緒にエコリサイクル」
    八戸市立第三中学校 生徒会
  • 取組事例発表 河原木電業
    「地域環境への取組事例について」
    株式会社河原木電業 取締役統括部長 河原木琢也 氏
  • 特別講演 講師 森田正光 氏
    「異常気象と環境問題」
    お天気キャスター、気象予報士
    森田 正光 氏
  • 県民運動キャラクター
    「エッコー」

◆ 平成23年度開催

 1 日時 平成23年11月13日(日) 13:30~15:30
 2 場所 十和田市南公民館(十和田市)
 3 内容
 平成23年11月13日(日)、十和田市南公民館において、 新「もったいない・あおもり県民運動」推進フォーラム ~ 秋 ~ を開催しました。

 フォーラムには、約150人の県民の方が参加しました。
新「もったいない・あおもり県民運動」推進フォーラムちらし

フォーラム内容

1 開会挨拶(環境生活部次長)
2 発表
 (1)環境にやさしいまちづくりの実現に向けて
    十和田市長 小山田 久 氏   
 (2)子ども、地域、学校がつながる古紙等リサイクルの取組について
    十和田市立北園小学校 教頭 海津 敏世 氏
3 特別講演    
   講師  フォークシンガー・白鴎大学教授 山本コウタロー 氏
   演題  僕のエコロジーライフ
  • 挨拶 環境生活部次長
    挨拶 環境生活部次長 関光弘
  • 取組事例発表 十和田市
    「環境にやさしいまちづくりの実現に向けて」
    十和田市長 小山田久 氏
  • 取組事例発表 北園小学校
    「子ども、地域、学校がつながる古紙リサイクルの取組について」
    十和田市立北園小学校 教頭 海津敏世 氏
  • 特別講演 講師 山本コウタロー 氏
    「僕のエコロジーライフ」
    フォークシンガー、白鴎大学教授
    山本コウタロー 氏

 1 日時 平成23年7月10日(土) 14:00~16:00
 2 場所 青森国際ホテル(青森市)
 3 内容
 平成23年7月10日(日)、青森国際ホテル3階「萬葉の間」において、 新「もったいない・あおもり県民運動」推進フォーラム を開催し、新「もったいない・あおもり県民運動」行動宣言を行いました。

 フォーラムには、約350人の県民の方が参加しました。
新「もったいない・あおもり県民運動」推進フォーラムちらし

新「もったいない・あおもり県民運動」とは

 「もったいない・あおもり県民運動」は、県民や事業者、各種団体、行政など多様な主体がパートナーシップのもと、これまでのライフスタイルを見直し、「もったいない」の意識を持って、ごみの減量やリサイクルに取り組んでいこうという目的で、平成20年にスタートした県民運動です。

 今年3月、県では新たな地球温暖化対策の指針となる「青森県地球温暖化対策推進計画」を策定し、あらゆる主体の連携・協働により低炭素社会づくりを目指すこととしました。

 そこで、従来の取組を拡充し、日々の暮らしや事業活動の中での省エネなど低炭素社会づくりに向けた取組も合わせて県民運動として進めていくことにしました。
 それが、
新「もったいない・あおもり県民運動」 です。

フォーラム内容

1 開会挨拶(知事)
2 来賓挨拶(環境省自然環境局長)
3 発表
 (1)低炭素・循環型社会形成に向けて(知事)
 (2)省エネルギー対策等の取組事例発表   
  ・〔家庭向け普及啓発〕  青森県地球温暖化防止活動推進センター
  ・〔事業所における取組〕 十和田パイオニア株式会社
4 スペシャルトーク
   講師  フリーアナウンサー 生島ヒロシ 氏
   演題  震災を乗り越えて ~未来のために、今、私たちにできること~

5 新「もったいない・あおもり県民運動」行動宣言
  • 開会挨拶(知事)
    挨拶
    青森県知事 三村申吾
  • 来賓挨拶 環境省自然環境局長 渡邊綱男
    来賓挨拶
    環境省自然環境局長 渡邊綱男 氏
  • 低炭素・循環型社会形成に向けて 青森県知事
    「低炭素・循環型社会形成に向けて」
    青森県知事 三村申吾
  • 取組事例発表 青森県地球温暖化防止活動推進センター
    「省エネルギー対策等の取組事例発表」
    青森県地球温暖化防止活動推進センター
    事務局長 三浦麻子 氏
  • 取組事例発表 十和田パイオニア株式会社
    「省エネルギー対策等の取組事例発表」
    十和田パイオニア株式会社
    管理部革新推進課 係長 畑山健二 氏
  • スペシャルトーク 講師 生島ヒロシ 氏
    フリーアナウンサー
    生島ヒロシ 氏
  • 新「もったいない・あおもり県民運動」行動宣言
    新「もったいない・あおもり県民運動」
    行動宣言
  • 新「もったいない・あおもり県民運動」行動宣言
    (左から)県立青森中央高等学校3年 工藤友都さん、
    関屋花菜さん、青森県知事 三村申吾

新「もったいない・あおもり県民運動」行動宣言

 私たちが先人から受け継いだふるさと青森県は、世界自然遺産白神山地をはじめ優れた自然環境に恵まれ、その生命の循環は、私たちの生活に潤いと恩恵をもたらしてきました。

 一方で、これまでの大量生産・大量消費型の社会経済活動は、深刻なごみ問題、さらには天然資源の枯渇や地球温暖化などの地球規模での環境問題を引き起こし、いまや地球環境問題は人類が直面する最大の課題となっています。

 これらの課題と向き合い、その解決に向けて努力することは、限りある資源を消費し、地球環境に大きな負荷を与えることによって快適な暮らしを手に入れている私たちに課せられた責務です。

 そして、本県の豊かな自然環境を将来世代に確実に引き継ぐためにも、資源が循環し、二酸化炭素の排出の少ない、地球にやさしい「持続可能な青森型社会」の形成に向けて取り組まなければなりません。

 今こそ、私たち青森県民は、古えの知恵と精神に学び、これまでのライフスタイルを見直し、「もったいない」を合言葉に、県民一丸となって省エネルギーやごみの減量、リサイクルなど環境に配慮した取組を進め、共感と行動の輪を大きく広げていくことを宣言します。

◆ 平成22年度開催(併催:3R推進弘前大会)

 1 日時 平成22年11月6日(土) 11:00~12:30
 2 場所 弘前市総合学習センター(弘前市)
 3 内容
  ○ パネルディスカッション(テーマ:できることから始める3R)
   ・進行役
    中根 豊氏(青森県環境マイスター、青森市廃棄物減量等推進審議会副会長)
   ・パネリスト
    太田 雄三氏(株式会社伸和産業 代表取締役)
    鶴賀 茂世氏(特定非営利活動法人青森県消費者協会 副理事長)
    加藤 亮氏 (国立大学法人弘前大学 環境サークルわどわ)
    鎌田 雅人氏(弘前市市民環境部環境保全課 課長補佐)

  ○ 活動事例発表
   ・発表者
    木村 繁氏 (平川市リサイクル協議会 事務局)
    三浦 テツ氏(城東保育園 園長)

◆ 平成21年度開催

 1 日時 平成21年10月10日(土) 13:00~16:00
 2 場所 アピオあおもり(青森市)
 3 内容
  ○ NPO法人「ごみじゃぱん」の活動内容紹介とおもしろ環境塾
    神戸大学大学院経済学研究科教授 石川 雅紀氏
    神戸大学経済学部学生
  ○ 子どもたちに人気の山口とも氏が率いる、廃品を利用した打楽器ユニット「Ticobo」によるミニライブ
  ○ 東京都目黒区のごみを減らす運動「めぐろ買い物ルール」の取組内容紹介
    株式会社アストラカン 代表取締役 有澤 卓也氏
         〃          グラフィックデザイナー  豊田 麻衣子氏
  ○ ペットボトルを利用したおもちゃ作りなどの手作りリサイクルワークショップ など

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

環境政策課 低炭素社会推進グループ、循環型社会推進グループ
電話:017-734-9243、9249  FAX:017-734-8065

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度