ホーム > 生活・環境 > 環境・エコ > 稲わら焼却による大気汚染状況調査結果

更新日付:2019年2月21日 環境保全課

稲わら焼却による大気汚染状況調査結果

調査の目的

 稲わらの焼却は県全体としては減少傾向にありますが、一部の地域においては依然として行われており、焼却時の煙による健康への影響や交通の妨げ等が懸念されています。
 このため、県では、例年、稲わら焼却が行われている五所川原市を中心とした津軽地域の大気環境への影響を調査しています。

平成30年度調査結果

過去の調査結果


稲わらの焼却は、上記調査結果のとおり、環境に悪影響を及ぼします。
 稲わらはすき込み等を行うことで有効利用することができます。
 環境にやさしい農業を目指しましょう。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

環境保全課 水・大気環境グループ
電話:017-734-9242  FAX:017-734-8081

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度